このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
K13-006
事例作成日
(Creation date)
2014年2月5日登録日時
(Registration date)
2014年03月06日 12時39分更新日時
(Last update)
2014年04月04日 12時47分
質問
(Question)
日本、中国、アメリカのSO2排出量(GDP当たり、一人当たり)と軍事費(国防費)の総量および一人当たりの増加率を知りたい。
回答
(Answer)
日本、中国、アメリカの①人口・GDP、②SO2排出量、③国防費が掲載されている資料を紹介した。
②③を①で割れば、GDP当たり、一人当たりは算出可能。増加率も年毎のデータを比較すれば算出できる。
SO2については、「SOx」「硫黄酸化物」と表記されているデータもあった。

【資料1】 総務庁統計局 編. 『世界の統計』. 大蔵省印刷局.  ※統計局HPに全文あり。
→タイトル通りの資料。各国の統計が載っている。
2013年版 p. 17  日中米の人口 1950~
p. 68  日中米のGDP 2007~2011
p. 338 日中米の硫黄酸化物(SOx)排出量 2005年(中国データの出所:『中国統計年鑑』)

【資料2】 矢野恒太記念会 編. 『世界国勢図会』. 国勢社.
→世界情勢の各国の統計がカテゴリごとにまとめられている。
第24版:2013/14年版 p. 54~ 日中米の人口
p. 116  日中米のGDP
p. 474~ 日中米の国防支出額

【資料3】 史料調査会 編. 『世界軍事情勢』. 原書房.
→世界の情勢が、概観、年表、史料の三部構成で書かれている。
2013年版 p. 320 日中米の人口、GDP、国防支出費

【資料4】 防衛年鑑刊行会 編. 『防衛年鑑』. 防衛メディアセンター.
→自衛隊の情報を中心に載せている。
2013年版 p. 170~ 中米の人口、GDP、国防費 (データの出所:『ミリタリー・バランス』、『ジェーン海軍年鑑』、その他各種資料)

【資料5】 中国研究所 編. 『中国年鑑』. 毎日新聞社.
→中国の現状について総合的に載っている。
2013 p. 370~ 中国のSO2排出量の年別推移(2005~2011年) (データの出所:『中国統計年鑑』)

--------------
上記資料のデータ出所が次の2件である。
【資料7】中国统计出版社『中国统计年鉴』(ZZ30026383)
→資料1、資料5のデータ出所。

【資料6】 『Military balance』. Institute for Strategic Studies.
→資料4のデータ出所。

--------------
Webデータも見つかったので、紹介した。
【資料8】「OECD iLibrary」  ※本学契約データベース
→OECD発行の資料、統計が閲覧可能。
・ HOME>STATISTICS>Databases>OECE Environment Statistics>
 「Emissions of air pollutants」02 Dec 2013.
  →日米のNOx排出量あり。
・ HOME>「sulphur oxides」で検索。
 「Sulphur oxides (SO ) and nitrogen oxides (NO ) emissions」19 Dec 2013
  →日米のNOx排出量、GDP当たり、人口当たりの統計あり。

【資料9】Stockholm International Peace Research Institute(SIPRI)
(ストックホルム国際平和研究所)のHP
→データベースで統計が閲覧可能。
Home>Databases>
「SIPRI military expenditure database」1988-2012
→画面下部の[Download the database as an Excel workbook]をクリックするとエクセルデータが開く。日中米のデータあり。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵の統計・白書資料を当たった。
上記回答に記載の資料にデータが載っていたので利用者に紹介した。
GDP当たり・一人当たりの量については、人口・GDPで総量を割れば算出できるので、利用者自身で計算するよう案内した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
統計  (350 8版)
人口統計.国勢調査  (358 8版)
国防.軍事  (390 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 総務庁統計局 編. 『世界の統計』. 大蔵省印刷局. (当館請求記号 350, 当館書誌ID ZZ30029825)
 ※統計局HP:  http://www.stat.go.jp/data/sekai/index.htm (2014年3月13日最終確認)
【資料2】 矢野恒太記念会 編. 『世界国勢図会』. 国勢社. (当館請求記号 358, 当館書誌ID ZZ30016826)
【資料3】 史料調査会 編. 『世界軍事情勢』. 原書房. (当館請求記号 392, 当館書誌ID ZZ30033286)
【資料4】 防衛年鑑刊行会 編. 『防衛年鑑』. 防衛メディアセンター. (当館請求記号 390, 当館書誌ID ZZ30005522)
【資料5】 中国研究所 編. 『中国年鑑』. 毎日新聞社. (当館請求記号 390, 当館書誌ID ZZ30021192)
【資料6】 『中国统计年鉴』. 中国统计出版社. (当館請求記号 352, 当館書誌ID ZZ30026383)
【資料7】 『Military balance』. Institute for Strategic Studies. (当館請求記号 390, 当館書誌ID ZZ30002721)
【資料8】 「OECD iLibrary」.  ※本学契約データベース
・「Emissions of air pollutants」02 Dec 2013
・「Sulphur oxides (SO ) and nitrogen oxides (NO ) emissions」19 Dec 2013 (冊子体: Environment at a Glance 2013: OECD Indicators. p. 26–29)
(2014年3月13日最終確認)
【資料9】 「SIPRI military expenditure database」.
http://www.sipri.org/databases (2014年3月13日最終確認)
キーワード
(Keywords)
日本
アメリカ合衆国
中国
大気汚染
酸化硫黄
国防費
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000150271解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!