このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2017-051
事例作成日
(Creation date)
2017年10月27日登録日時
(Registration date)
2018年01月30日 16時31分更新日時
(Last update)
2020年02月25日 11時11分
質問
(Question)
国内・海外の大学の学内間の資料の取り寄せ(以下、学内ILL)の状況(方法が分かる資料、統計件数も分かればよい。)が分かる資料を探している。
回答
(Answer)
国内・海外の大学ともに、各大学の事例をまとめて紹介している資料や統計は見つかりませんでしたが、
個々の大学の事例についてはいくつか見つかりましたので、その一部をご紹介いたします。
詳細はプロセスをご参照ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.国内の大学の学内ILLについての資料
(1)CiNii Articlesで論文検索 キーワード「図書館 ILL」「図書館 協力 大学」
  →検索結果から以下の論文を確認。

・三上彰「図書館におけるILLサービスと、そこから見えてきたこと」(『Obirin today:教育の現場から』12, p.217-230, 2012年)
 ※CiNii ArticlesにてPDF公開
   http://ci.nii.ac.jp/naid/110009958340 [参照 2017-10-09]
 全国的なILLの動向と桜美林大学図書館でのILLの取り組みが紹介されており、表5の内訳の中に「学内複写の件数」があり、2004年から2010年の学内複写の件数が掲載されている(p.227)。
 ただし、本文中に、「日本図書館協会や文部科学省が毎年行っている図書館の利用統計の調査では、文献複写と貸借の依頼・受付の件数の項目はあるが、学内の申込件数とキャンセルした件数といったような項目はないため、そのようなデータは集計されていない。」とあり(p.228)。

(2)統計資料 
 『学術情報基盤実態調査結果報告』や『日本の図書館』、『図書館年鑑』を確認したが、上記論文に書かれていた通り、ILLの統計は掲載されていたが、学内の内訳についての記載はなし。

(3)個々の大学の事例
 Web検索でキーワードを「大学 学内 文献取り寄せ」、検索オプションでドメインを「ac.jp」と指定して検索。
→各大学図書館HPにある学内ILL(学内取り寄せ)の手続き方法が検索結果に表示された。
 ※ただし、関係のない情報もヒットしてしまう。
 その中で、統計が公開されており、件数が確認できるものの一部は以下の通り。

・東京大学
 「総合図書館年次統計」(平成15~19年度)に、「学内キャンパス間図書貸借業務の推移」が掲載されており、平成10年から平成19年までの貸借件数の推移が確認できる。
 ※平成19年度は「キャンパス間図書集配業務の推移」として掲載されている。
   http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/about/overview [参照 2017-10-10]

・京都大学
 図書館報『静脩』に図書館利用統計が掲載されている。最新の統計(53(2), 2016年7月発行)では、「学内論文コピー取り寄せ」、「学内デリバリーサービス」といった項目で、学内取り寄せの件数が掲載されている。
 ※『静脩』は、京都大学学術リポジトリにて公開。
   https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/36041  [参照 2017-10-10]

・筑波大学
 2013年度以降の『筑波大学附属図書館業務統計』に「学内ILL件数」の統計(文献複写のみ)が掲載されている。
 業務統計は以下のアドレスにて公開されている。
  https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/about/report [参照 2017-10-10]

・宮崎大学
 2016年度の相互利用統計に、本館・医学分館それぞれの学内文献複写の件数が掲載されている。統計は以下のアドレスにて公開されている。
  http://opac.lib.miyazaki-u.ac.jp/?page_id=175 [参照 2017-10-10]

2.海外の大学の学内ILLについての資料
 Web検索で、「interlibrary loan university」、もしくは「document delivery」のキーワードを入れて検索。
→各大学図書館HPにある学内ILL(学内取り寄せ)の手続き方法が検索結果に表示される。
※ただし、関係のない情報もヒットしてしまう。
 その中で、統計が公開されており、件数が確認できるものの一部は以下の通り。

・カリフォルニア大学(UCLA)
 「Interlibrary Loan and Document Delivery」のページに、学外ILLと学内ILL(Document Delivery)について案内されている。
  http://www.library.ucla.edu/use/borrow-renew-return/interlibrary-loan-document-delivery [参照 2017-10-26]
 また、2004-05以降のProgress ReportにDocument Deliveryの件数が掲載されている。
  http://www.library.ucla.edu/about/administration-organization/progress-reports [参照 2017-10-26]

統計は確認できなかったが、学内ILLについて案内されている大学のページは以下の通り。
・エディンバラ大学
 「About Interlibrary Loans」のページに、学内ILL(Intralibrary Loan)について案内されている。
  https://www.ed.ac.uk/information-services/library-museum-gallery/using-library/request-resources/ill/ill-about [参照 2017-10-26]

・ライダー大学
 「Interlibrary Loan (ILL)」のページに、学内ILL(Intralibrary Loan)について案内されている。
  http://guides.rider.edu/c.php?g=420928&p=2870469 [参照 2017-10-26]

・フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク(FAU)
 「Intralibrary Loan」のページに、学内ILL(Intralibrary Loan)について案内されている。
  https://ub.fau.de/en/searching-borrowing/borrowing-ordering/intralibrary-loan/ [参照 2017-10-26]
事前調査事項
(Preliminary research)
・学内ILLとは、大学図書館間のやりとりのことではなく、
 大学図書館⇔学内研究室、大学図書館⇔学部図書室、
 大学中央図書館⇔図書館分室、など、「学内のやりとり」とのこと。
NDC
学校図書館  (017 9版)
図書館サービス.図書館活動  (015 9版)
参考資料
(Reference materials)
三上 彰 , 三上 彰. 図書館におけるILLサービスと、そこから見えてきたこと(III.授業と学生支援 - そのさまざまな取り組み). 2012. Obirin today : 教育の現場から 12 p. 217-230
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000024-I005317865-00  (NCID:AA11549757)
文部科学省研究振興局. 学術情報基盤実態調査結果報告. 文部科学省研究振興局, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008428342-00  (NCID:AA12187560)
日本図書館協会図書館調査事業委員会 編 , 日本図書館協会. 日本の図書館 = Statistics on library in Japan : 統計と名簿. 日本図書館協会, 1953., ISSN 03875210
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000048100-00  (NCID:AN10035632)
日本図書館協会図書館年鑑編集委員会 編 , 日本図書館協会. 図書館年鑑. 日本図書館協会, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000045505-00  (NCID:AN00138162)
総合図書館年次統計. 東京大学附属図書館.
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/about/overview [参照 2017-10-10]
「静脩」編集小委員会 編 , 京都大学図書館機構 , 京都大学附属図書館. 静脩 : 京都大学図書館機構報. 京都大学図書館機構, 1964., ISSN 05824478
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000012990-00  (NCID:AN00127428)
筑波大学附属図書館業務統計. 筑波大学附属図書館.
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/about/report [参照 2017-10-10]
宮崎大学附属図書館相互利用統計. 宮崎大学附属図書館.
http://opac.lib.miyazaki-u.ac.jp/?page_id=175 [参照 2017-10-10]
UCLA Librarian Progress Reports. UCLA Library.
http://www.library.ucla.edu/about/administration-organization/progress-reports [参照 2017-10-26]
About Interlibrary Loans. The University of Edinburgh.
https://www.ed.ac.uk/information-services/library-museum-gallery/using-library/request-resources/ill/ill-about [参照 2017-10-26]
Interlibrary Loan (ILL). Rider University.
http://guides.rider.edu/c.php?g=420928&p=2870469 [参照 2017-10-26]
Intralibrary Loan. University Library of Erlangen-Nürnberg.
https://ub.fau.de/en/searching-borrowing/borrowing-ordering/intralibrary-loan/ [参照 2017-10-26]
キーワード
(Keywords)
大学図書館
学内ILL
学内取り寄せ
interlibrary Loan
Document Delivery
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
図書館
質問者区分
(Category of questioner)
職員
登録番号
(Registration number)
1000229392解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!