このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034148
提供館
(Library)
大阪府立大学学術情報センター (3210008)管理番号
(Control number)
阪府大-学情-H18-35
事例作成日
(Creation date)
2007年03月28日登録日時
(Registration date)
2007年03月28日 10時40分更新日時
(Last update)
2008年02月26日 15時32分
質問
(Question)
旧陸軍の技術者中原茂敏(ナカハラシゲトシ)について知りたい。
回答
(Answer)
1.陸海軍の佐官クラスの経歴を網羅的にまとめた書籍はほんんどない。将官、主要佐官については 福川秀樹.日本陸海軍人名辞典,芙蓉書房1999.、秦郁彦.日本陸海軍総合事典,東大出版会,2005.に記載がある。ただしいずれも中原茂敏の記載はない。
 ネット上の個人のHPであるが「軍人データベース サクラタロウDB」
http://purunus.main.jp/index.php
を検索すると経歴の詳細がヒットする。陸士39期、兵科・砲兵 終戦時大佐、平成3年10月没 同頁に記載された参考文献はいずれも2次資料ですがほぼ正確かと考えられる。
 尚、「技術者」とあるのは兵科・砲兵であり、陸軍派遣学生として東大工学部を卒業していることからきていると思われる。
 また公的な裏付けのある経歴を確認したいいうことであれば、軍歴証明を見る方法がある。正式な軍歴証明は陸軍であれば都道府県の援護関係部署、海軍は厚生労働省社会・援護局の所管になっている。ただし本人、遺族等近親者以外には公開されないので、第三者が直接該当機関に確認することは不可能である。この場合は本人、遺族等に直接取材する以外にはないと考えられる。

下記の文献に情報が掲載。
『日本陸海軍総合事典』 秦郁彦編 第2版 東京大学出版会 , 2005
p.112-113
陸軍
中原 茂敏(なかはら しげとし)(39) [鳥取] 明40・3・28~平3・10・8
(中略)
17・3 中佐
20・6 大佐
(以下略)

2.新聞記事文庫(神戸大学)に下記の新聞記事があった。
技術研究会並に技術有功章に就て (上・中・下)
陸軍省軍務局軍事課 陸軍中佐 中原茂敏 日本工業新聞 1942.5.25-1942.5.27 
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00724200&TYPE=HTML_FILE&POS=1&TOP_METAID=00724200  (2007/04/06確認)

また、下記のサイトにNHK番組での静止画像および関連情報があった。
NHKスペシャル 「御前会議」 ~太平洋戦争開戦はこうして決められた~ (1991.08.15放送)
http://www.tante2.com/nhk-gozen-kaigi2.htm  (2007/04/06確認)
http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/mumyouan03.html  (2007/04/06確認)

3.Webcatで検索すると下記のような著書がある。当館では所蔵しない。
『国力なき戦争指導 : 夜郎自大の帝国陸海軍』/ 中原茂敏著
『大東亜補給戦 : わが戦力と国力の実態』/ 中原茂敏著
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
『日本陸海軍総合事典』秦郁彦編 第2版 東京大学出版会 , 2005
キーワード
(Keywords)
陸軍
軍人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
近畿大学中央図書館
国士舘大学附属図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
学外(府民)
登録番号
(Registration number)
1000034148解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!