このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049600
提供館
(Library)
宮崎大学附属図書館(本館) (3110025)管理番号
(Control number)
本館レ0007-ik
事例作成日
(Creation date)
2008年12月10日登録日時
(Registration date)
2008年12月10日 11時22分更新日時
(Last update)
2008年12月16日 15時40分
質問
(Question)
江戸時代の庶民の食生活について、どんな魚を食べていたかが分かる資料がないか。
特に元禄時代、徳川綱吉のころ。できれば館内で閲覧できるものがよい。
回答
(Answer)
『本朝食鑑』を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
(1)徳川綱吉について生没年、在職期間をJapanKnowledge(日本人名大辞典)で調べる。
  生没年:1646-1709
  在職:1680-1709

(2)自館OPAC、WebcatPlusで「元禄」、「江戸」、「魚」、「食生活」等で検索するがそれらしい資料はヒットせず。
(3)書架で歴史、民俗、料理のあたりをブラウジングした。求める情報は見つからなかったが、次の図書を見つける。
  ・生類憐みの令 : 道徳と政治 / 板倉聖宣著. -- 仮説社, 1992.8. -- (社会の科学入門シリーズ).
  p.20に”漁師のとった魚を買って食べることは禁止されていなかった”とあり、当時生類憐みの令下でも魚が食されていたことが確認できた。

(4)CiNiiで検索したところ、次の論文がヒットした。
  ・李利, 江原絢子著. 『本草綱目』と『本朝食鑑』の分類にみる食文化的な特徴. 日本調理科学会誌. 2007, 40(3), p. 193-201
   http://ci.nii.ac.jp/naid/110006317859/ (本文閲覧可・最終確認 2008/12/10)

(5)『本朝食鑑』について、JapanKnowledge(日本大百科全書)で調べる。
  ・1695年(元禄8)に刊行
  ・魚貝類に多くの紙数を割き、庶民の日常食糧について解説している

(6)当館では読み下し文で東洋文庫収録の『本朝食鑑』全5巻のうち第1~4巻を所蔵している。
   JapanKnowledgeでは東洋文庫の全文を閲覧することができる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382 9版)
参考資料
(Reference materials)
本朝食鑑 / 人見必大著 ; 島田勇雄訳注. 1 - 5. -- 平凡社, 1976.11-1981.3. -- (東洋文庫 ; 296,312,340,378,395).
キーワード
(Keywords)
食生活
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000049600解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!