このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032751
提供館
(Library)
奈義町立図書館 (2410013)管理番号
(Control number)
M06100612254504
事例作成日
(Creation date)
2006/10/06登録日時
(Registration date)
2007年01月09日 13時54分更新日時
(Last update)
2012年08月18日 02時01分
質問
(Question)
奈義町「柿」地区の地名の由来を知りたい。
回答
(Answer)
『奈義町誌』をあたったところ、p700に「柿の地名は、漢字の意味とは別の発音、海産の貝「牡蠣(かき)」の音である。」とあった。 また『柿誌』p4にも同様の記述があり、典拠として『東作誌』の書名が載っていた。 『東作誌』参巻(新訂作陽誌六)p276、東作誌勝北郡東豊田庄柿村に「貝石」の項目があり、庄内2、3か所で牡蠣やハマグリの形をした石が出土する、村名の由来は貝の牡蠣を植物の柿に書き替えた可能性がある、という意味の記述があった。 「貝石」とは同地区で現在でも出土する牡蠣やハマグリ、巻貝などの化石と考えられる。 また貝石の記述は、東作誌と同時代の地誌『白玉拾』にも見られる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
奈義町誌編纂委員会編纂『奈義町誌』奈義町 奈義町,1980,22cm,864p 図版5枚 正木輝男/ほか『新訂作陽誌6』落合町 作陽新報社真庭本社,1975,565p 柿誌編さん委員会編集『柿誌』奈義町 岡山県勝田郡奈義町柿,1980,296p 奈義町文化財保護委員会編集『白玉拾』奈義町 奈義町教育委員会,2006,751p
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006100612264554504
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生
登録番号
(Registration number)
1000032751解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!