このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155269
提供館
(Library)
奈義町立図書館 (2410013)管理番号
(Control number)
M12092212363956
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年06月28日 15時04分更新日時
(Last update)
2014年06月28日 15時11分
質問
(Question)
昭和30年2月1日に、3村(豊田村・豊並村・北吉野村)が合併して奈義町(岡山県勝田郡)に移行するにあたり、「奈義」の町名が選ばれた経緯が分かる資料があれば、知りたい。
回答
(Answer)
次の資料に「奈義」の町名が選ばれた経緯につながる記述があった。

『勝田郡誌』p.167
…小中学校生徒から募集していた新町名について、次の結果を発表、新町名を「奈義」と決定した。
総票数 1,504票、名称 133種
奈義 725、日本原171、芦原109、豊北102、作北59、豊野51、豊田19となった。

『北吉野村史』p.136
…又新町の名称は、小中学校生徒によつて、その父兄や各村民の命名をもとめ、集計の結果その最も多かつたものによつて決定された

※出典:
国政寛編集『勝田郡誌』勝田郡誌刊行会,1958,734p 図版7枚. 参照はp.167.
北吉野村史編集委員会編集『北吉野村史』北吉野村史編纂会,1956.8.参照はp.136.


また、岡山県立図書館サービス第二課郷土資料班に照会し、旧三村(豊田村・豊並村・北吉野村)が合併して奈義町に移行した1955(昭和30)年2月1日前後の新聞記事(山陽新聞)を確認したところ、合併に関する次の記事が載っていた。
なお、(1)には、小中学生へのアンケートを元に「奈義町」の名称が選ばれた旨記述があった。

「山陽新聞」(岡山版/原紙未所蔵のためマイクロフィルムで確認)
(1)昭和30年1月9日/p.4「新町名は「奈義」か 那岐連邦背負う三村合併」
(2)昭和30年1月31日/p.4「六十年の伝統に惜別 豊並、豊田、北吉野で廃村式」
(3)昭和30年2月1日/p.2「きょうから新発足 町村合併 玉野など八市町」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
国政寛編集『勝田郡誌』勝田郡誌刊行会,1958,734p 図版7枚. 参照はp.167.
北吉野村史編集委員会編集『北吉野村史』北吉野村史編纂会,1956.8.参照はp.136.
山陽新聞
・昭和30年1月9日/p.4「新町名は「奈義」か 那岐連邦背負う三村合併」
・昭和30年1月31日/p.4「六十年の伝統に惜別 豊並、豊田、北吉野で廃村式」
・昭和30年2月1日/p.2「きょうから新発足 町村合併 玉野など八市町」 (いずれも岡山版/マイクロフィルム)
キーワード
(Keywords)
奈義町(岡山県)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
岡山県立図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000155269解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!