このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021296
提供館
(Library)
奈義町立図書館 (2410013)管理番号
(Control number)
M04070114212134
事例作成日
(Creation date)
2004/01/28登録日時
(Registration date)
2005年04月02日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年08月18日 02時00分
質問
(Question)
奈義町と那岐山の漢字が違うのはなぜか。
回答
(Answer)
『勝田郡誌』p.166~167によれば、豊田、豊並、北吉野の3村合併による新町の誕生に先立ち、小中学生から新町名を募集した結果、約133種の名称の中で、もっとも多かった「奈義」に決定したという記述があった。『角川日本地名大辞典33岡山県』p.815や『日本地名語源辞典』p.187、『日本地名ルーツ辞典』p.725によれば、町名は那岐山に由来するとあり、『角川日本地名大辞典』や『日本歴史地名大系34岡山県』などによると「ナギ」の山名には、古来、名木、奈義、名義、諾などさまざまな漢字が当てられている。小中学生による新町名の募集結果で「奈義」が多かった背景について書かれた文献は見つからなかったため、町教育委員会に照会したところ、合併当時、中学校の名称として「奈義」の漢字が使われていたこと(大正14年に奈義公民学校〔後の奈義青年学校〕として創立。昭和22年に「奈義中学校」の名称になった。)、那岐山を越えた鳥取県八頭郡智頭町に「那岐」という地名がすでにあったためであろうという回答であった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
国政寛『勝田郡誌』勝田郡誌刊行会,1958,734p 図版7枚.
「角川日本地名大辞典」編集委員会『角川日本地名大辞典』角川書店,1989,1814p.
『日本歴史地名大系34岡山県の地名』平凡社,1988,1073p.
溝手理太郎『市町村名語源辞典』東京堂出版,283p.
『日本地名ルーツ辞典』創拓社,1992,1078p.
キーワード
(Keywords)
奈義町
那岐山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2004070114225112134
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000021296解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!