このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
2855
事例作成日
(Creation date)
2020.11.27登録日時
(Registration date)
2020年11月27日 09時44分更新日時
(Last update)
2021年02月16日 17時55分
質問
(Question)
山作所で働く、木工、雑工、役夫、司工、雇工、様工、土工、鉄工、櫃工、常傭工の読み方を知りたい。
回答
(Answer)
木工・・・こだくみ、こたくみ、もく
雑工・・・ぞうく
役夫・・・やくぶ
司工・・・しこう
雇工・・・ここう
様工・・・ようこう、ためしこう
土工・・・どこう(土工司を"つちたくみのつかさ”と読むことから”つちたくみ”もある?)
櫃工・・・きこう
常傭工・・・じょうようこう
(鉄工―不明)

参照資料
・『日本の古代 10 山人の生業』大林太良/編 中央公論新社 1987年 書庫/210/N-10(151345597)
・『国史大辞典』
・『ろくろ(ものと人間の文化史 31)』
  橋本鉄男/著 法政大学出版局 1979年 書庫/384.3/R(157971433)
ただし、当時の読み方として他の訓読みがある可能性あり。
回答プロセス
(Answering process)
利用者がお持ちの本(表紙にカバーをかけていたためタイトル確認せず)に記載の語の読み方について問い合わせ。
造東大寺司の山作所という流れで出てきていたので、宮大工(521.8)の本を確認。
記載を確認できず。
『ヴィジュアル史料日本職人史』(遠藤元男/著 雄山閣出版 1991-1992年)でも該当なし。
『国史大辞典』にて「大工」の項を確認。”だいく”ではなく”だいこう”があり、「だいこう」を引く。
参考文献に挙がっている『ものと人間の文化史 5 番匠』(大河直躬/著 法政大学出版局 1978年)で、木工の「こだくみ」の読みを確認。
同じく参考文献に挙がっていた『日本職人史の研究 2 古代中世の職人と社会』、『日本古代手工業史の研究』を兵庫県立図書館が所蔵のため、確認のレファレンスを依頼。
点線以下、兵庫県立図書館から回答。

----------------------
『日本職人史の研究 2 古代中世の職人と社会』
p.56 木工 こだくみ
p.81 水工 みずのたくみ
p.83 爪工 つめのたくみ(はたくみ)
p.97 造仏工 ほとけつくり、造寺工 てらつくり(てらたくみ)
p.98 画工 えだくみ

『日本古代手工業史の研究』
該当なし

その他の資料
『日本の古代 10 山人の生業』★当館に所蔵あり。
p.193-194 山作所の工人たち

『ものと人間の文化史 31 ろくろ』★当館に所蔵あり。
p.76,77,95

『ものと人間の文化史 112 屋根』★当館に所蔵あり。
p.90,91

『国史大辞典』★当館に所蔵あり。
雑工戸 ざっこうこ「ぞうこくこ」ともいう
雑工部 ざっこうべ「ぞうこくべ」ともいう
土工司 どこし「つちたくみのつかさ」ともいう
木工 もく「こたくみ」とも読む
様工 ようこう「ためしこう」ともいう

『日本古代官職辞典』★当館に所蔵の増補改訂版には読みがない。
※兵庫県立図書館で館内閲覧のみ
p.138 雑工部 ぞうくべ
p.163 木工寮 もくりょう「訓は「古多久美乃豆加佐」(『和名類聚抄』)で、「モクレウ」『伊呂波字類抄』)「ムク」(『下学集』とも。」
p.188 土工司 どこうし
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築学  (52 10版)
日本史  (21 10版)
風俗習慣.民俗学.民族学  (38 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
兵庫県立図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000289896解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!