このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107649
提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20120201-04
事例作成日
(Creation date)
2012年02月01日登録日時
(Registration date)
2012年06月22日 14時35分更新日時
(Last update)
2012年07月08日 14時44分
質問
(Question)
2月はなぜ28日までの年と29日までの年があるのか
回答
(Answer)
『暦の百科事典 2000 年版』(本の友社 1999)の「暦に関する基礎知識」の章で複数の項目を見たが、項目の説明から得られる情報が断片的で理解しにくい。そこで国会図書館レファレンス協同データベースの事例を調べると、類似の調査事例があり(「うるう年についての絵本はあるか」「2 月はなぜ28日なのかを子どもにわかりやすく説明したいのですが、資料はありますか。」)、紹介された資料のうち『カエサルくんとカレンダー 2 月はどうしてみじかいの?』(福音館書店 2012)の内容を調べると、P18「二月は一年の最後の月だった」の章からP23「うるう年の話」の章までに、質問事項の理由が平易な表現で説明されていた。ウェブサイトでは、以下2つのサイトの項目が比較的簡潔に分かり易く説明されていた。
1.「国立天文台」>「よくある質問」>「暦に関する質問」>「どうして2 月だけ28 日しかなくて、日数が変わるの?」( http://www.nao.ac.jp/faq/a0308.html)
2.「こよみのページ」>「暦と天文の雑学」>「現在のこよみ(新暦)のはなし」>「2月だけ28 日になったわけ」( http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0310.htm)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000107649解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!