このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
2000
事例作成日
(Creation date)
2018年11月03日登録日時
(Registration date)
2018年11月03日 17時40分更新日時
(Last update)
2021年02月12日 15時21分
質問
(Question)
猪名野神社から図書館「ことば蔵」のあたり(宮ノ前3丁目)は、昔、「豊桜崎」という地名だったのか。
回答
(Answer)
その通り。

・『伊丹の伝説 付・有岡古続語』(140007521 郷土/388.1/I)
 p.32「古名」より「在岡の里伊丹ハいにしへ豊桜崎といひけん~」

・『日本歴史地名大系 29-1 兵庫県の地名1』(153972706 R/291/N)
 p.398「伊丹郷町」より「初め伊丹町や伊丹村とよび、別名有岡庄、在岡・豊桜崎ともよんだ」
回答プロセス
(Answering process)
依頼者は、当館所蔵の『猪名野神社 御大典記念御屋根替事業完成記念』(110956422 郷土/175.5/I)p.4に「伊丹天王町にあり、古、豊桜崎宮と称す」という文があることで、昔の猪名野神社が「豊桜崎宮」と呼ばれていたのなら、その界隈は「豊桜崎」という地名だったのではと推測したそうで、それを確認したいとのこと。

・『猪名野神社 御大典記念御屋根替事業完成記念』の該当ページを確認すると、猪名野神社は「野宮」「天皇宮」「牛頭天皇宮」などとも呼ばれたらしい。件の文は『摂津名所図会』の巻の六に掲載されていると書かれており、当館所蔵の現物(『摂津名所図会』下巻p.139「野宮牛頭天王」の項)で該当文を確認。

・「天王町」もしくは「豊桜崎」が、いつ頃、どのあたりにできたのか確認するが、『伊丹市史』には「豊桜崎」についての記述が見当たらず。「天王町」については、元禄年間に現在の伊丹郷町にできたことがわかった。

・『伊丹古絵図集成』で、天保15年には野々宮(現猪名野神社)界隈(現宮ノ前3丁目含)が「天王町」だったことが確認できる。

・『日本歴史地名大系 29-1 兵庫県の地名1』「伊丹郷町」の項に、「初め伊丹町や伊丹村とよび、別名有岡庄、在岡・豊桜崎ともよんだ」とあり、引用文献に有岡古続語が記載されていたので、そちらも確認する。

・『伊丹の伝説 付・有岡古続語』にて「古名」の項より「在岡の里伊丹ハいにしへ豊桜崎といひけん」と書かれており、「豊桜崎」が郷町にあったと確信できた。

・『日本歴史地名大系 29-1 兵庫県の地名1』「天王町」の項に、現在地名「伊丹市宮ノ前一丁目・三丁目」と記載されている。

以上の事から、猪名野神社から図書館「ことば蔵」のあたり(宮ノ前3丁目)は、元禄の頃から「天王町」であり、元禄以前は「豊桜崎」であったといえる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 10版)
伝説.民話[昔話]  (388 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
豊桜崎
天王町
伊丹郷町
猪名野神社
宮ノ前
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
伊丹の郷土・行政
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000245189解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!