このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20130802
事例作成日
(Creation date)
20130802登録日時
(Registration date)
2018年12月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月08日 00時30分
質問
(Question)
「中折」の地名の由来について
回答
(Answer)
地名関連の自館資料調査。
『日新読本』p.204~205「江戸期の村名で佐賀本藩領、佐賀郡のうち与賀上郷に属する。「宝暦郷村帳」では多布施村の小村になっている。中折の名の由来は、昔このあたりは堀や川が多く、道があっても行き止まりになっていて向こうへ渡れず、中途で折り返さなければならなかったことから「中で折り返す」「中折」と呼ばれたのではないかといわれる。」との記載あり
回答プロセス
(Answering process)
(調査したが記載が無かった資料)
自館資料…「佐賀県の地名」「角川日本地名大辞典41佐賀県」「新筑後難読地名さんぽ」「佐賀地名うんちく事典」「ホッと新栄(新栄公民館だより)」「二十年のあゆみ 佐賀市立新栄公民館」「佐賀市立新栄小学校創立30周年記念」                                                 県立図書館資料…「日本人として知っておきたい地名の話」「地名の由来事典」「ふるさとの地名」「佐賀豆百科3巻」「佐賀史談No61~70」「佐賀の平野の水と土」「佐賀市史(下)」「新聞スクラップ言語」「国語国文佐賀の地名について」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
幼児.初等.中等教育  (376)
社会教育  (379)
参考資料
(Reference materials)
『日新読本』日新小学校PTA/編集 日新小学校PTA 1985.1
キーワード
(Keywords)
中折
地名
由来
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
地名291.0189(9) 地名辞典-日本291.033(9) 佐賀県・福岡県291.92(9) 地名事典-佐賀県291.92(9) 佐賀市立新栄公民館379.2(9) 佐賀市立日新小学校・反射炉376.28(9)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
市役所
登録番号
(Registration number)
1000247432解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!