このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000000442
事例作成日
(Creation date)
2010/09/06登録日時
(Registration date)
2014年10月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年11月09日 11時25分
質問
(Question)
石橋麻田町は、豊中市だが池田市域に囲まれている、いわゆる「飛地」だが、なぜ飛地になったか理由がわかる本はあるか。
回答
(Answer)
『日本列島飛び地の謎 地図に秘められた意外な歴史!』に、飛び地になった理由として麻田藩・麻田村にまつわる説が挙げられているが、断定はしていない。
麻田藩については下記にも事例があり。
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117805
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117812
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117804
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料の書架、日本地理(291)の書架を調べ、飛び地に関する本などの内容を確認する。

『日本列島飛び地の謎 地図に秘められた意外な歴史!』(廣済堂出版)p168-170「ゴミ収集は1ヶ月遅れ、水道代は2倍。あまりの仕打ちに住民の怒り爆発!」に、石橋麻田町についての記載があり。面積2.6haで、東は箕面市、北・南・西は池田市に面しており、飛び地になった理由は「江戸時代に麻田藩主の菩提寺があったため」「麻田村の出作地だったため」の2説があるとのこと。なおタイトルは昭和30年代の「麻田飛び地問題協議会」結成に関わるエピソードについてのもの。

『日本歴史地名大系28 大阪府の地名1』(平凡社)p323「玉坂村」によると、石橋麻田町はかつて玉坂村に属し、元和年間(1615-24)以降麻田藩領であったとのこと。麻田藩主の菩提寺については記載なし。

『摂津麻田陣屋』(日本古城友の会)p25「麻田藩主菩提寺」によると、麻田藩主青木家の菩提寺は麻田仏日寺(現池田市畑)、高平方広寺(現兵庫県三田市末吉)、江戸瑞聖寺(現東京都港区白金台)の3箇所とのこと。仏日寺(ぶつにちじ)についての簡単な説明はあるが、石橋麻田町と関連があるかどうかは不明。

なお『大阪府の歴史散歩 上 大阪市・豊能・三島』(山川出版社)p166-167「仏日寺」によると、寛永7(1630)年に麻田藩2代藩主青木重兼が現在の蛍池東町に建立した寺院が承応3(1654)年に現在の位置(池田市畑1丁目)に移転したとのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本列島飛び地の謎』浅井 建爾/著(廣済堂あかつき株式会社出版事業部)
『日本歴史地名大系28‐[1]』(平凡社)
『摂津麻田陣屋』上田 一/著(日本古城友の会)
『大阪府の歴史散歩 上』大阪府の歴史散歩編集委員会/編(山川出版社)
キーワード
(Keywords)
地理(チリ)
石橋麻田町(イシバシ アサダチョウ)
飛び地(トビチ)
豊中(トヨナカ)
歴史(レキシ)
仏日寺(ブツニチジ)
麻田藩(アサダハン)
江戸(エド)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000160456解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!