このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014142
事例作成日
(Creation date)
20130827登録日時
(Registration date)
2014年12月26日 10時56分更新日時
(Last update)
2019年03月03日 11時55分
質問
(Question)
源氏山の、銭洗弁財天を経て源氏山公園へ登って行く道は、相模湾に上陸してくる米軍を防ぐための大砲を山頂に備え付けるための道だったと聞いた。
このことについて書いてある資料はないか。
回答
(Answer)
戦時中に婦人会の勤労奉仕でつくられた道です。海軍が高射砲の陣地を源氏山につくり、そのために作られた軍用道路だったようです。
以下の資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
①鎌倉と太平洋戦争について書かれた本を見る。

②インターネット検索。「源氏山」×「太平洋戦争」×「鎌倉」

③分類291の本の中で、源氏山周辺を扱っている本を見る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
『鎌倉・太平洋戦争の痕跡』 鎌倉市中央図書館近代史資料収集室 CPCの会 2004 【K1 210.75】
P126~127「婦人会の勤労奉仕でできた道路」(写真あり),P63~69 海軍による鎌倉防備計画
『回想-戦争と鎌倉人』 戦争体験記出版委員会 1996 【210.75】
P51 鎌倉で陣地を作った話
『鎌倉歴史散策』 安田三郎ほか 保育社カラーブックス 1976 【K1 291.37】
P62~63「太平洋戦争中は高射砲陣地で、佐助谷からはいる軍用道路が作られた」
『鎌倉 谷戸の記録 下』 鎌倉市中央図書館近代史資料室 CPCの会 2008 【291.3】
P404 「かなり幅員のあるこの坂道は、戦時中源氏山の陣地構築のため勤労奉仕により構築されたものである。」
『わたしの鎌倉物語』 リーブ企画 1990 【K1 291.3】
P200「海軍が源氏山に高射砲の陣地を作ってそこへジープを通せるように作った、と私の父が言っておりました」
キーワード
(Keywords)
源氏山
海軍
勤労奉仕
軍用道路
高射砲陣地
佐助谷 さすけがやつ
相模湾上陸作戦
陣地
高射砲
太平洋戦争
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000165415解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!