このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000270794
提供館
(Library)
葛飾区立中央図書館 (2300098)管理番号
(Control number)
葛中-2019039
事例作成日
(Creation date)
2010/9/14登録日時
(Registration date)
2019年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月22日 12時54分
質問
(Question)
葛飾区に以前存在した上千葉町、下千葉町という地名は現在どこに当たるか。また、双葉とも呼ばれると聞いたがその由来も知りたい。
回答
(Answer)
 『角川日本地名大辞典巻13東京都』の「下千葉」「上千葉」の項にそれぞれの近世から近代にかけての変遷が記されています。『増補葛飾区史 上巻』の第10章「行政区画の変遷」の第7節「葛飾区の誕生と町界町の整理」及び第8節「住居表示」や「地名の由来」の各項目にもそれぞれの説明があります。
 上千葉町は、現在の堀切6~7丁目、東堀切2丁目、小菅3丁目、お花茶屋1~3丁目、堀切8丁目、東堀切3丁目、西亀有1~3丁目、小菅4丁目。下千葉町は、現在の小菅2~3丁目、東堀切1~2丁目、お花茶屋1丁目にあたります。
 『かつしかの地名と歴史』には、古代から現代までの葛飾区所属変遷表が示されていて、葛飾区全体の過去の地名を一覧することができます。この地域が「双葉」というその呼び名の由来は『葛飾区立双葉中学校創立60周年記念誌』に記されています。「昭和25年当時、学区域が上千葉町、下千葉町に跨(またが)っていた事もあって、両方の葉をとり双葉としたもの」とあり「上千葉、下千葉が合併してできた地名に双葉が使われている」ことがわかります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『角川日本地名大辞典 13 東京都』「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1978,p.215,p.366  
2 『葛飾区史 増補 上巻』葛飾区役所/編 1985,p.1081, p.1131-1132 
3 『かつしかの地名と歴史』葛飾区郷土と天文の博物館/編 葛飾区郷土と天文の博物館 2005,p.6-7  
4 『双葉中学校創立60周年記念誌-葛飾区立双葉中学校-2007』創立60周年実行委員/編 葛飾区立双葉中学校 2007,p.1-2
キーワード
(Keywords)
地名,下千葉町,上千葉町,双葉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000270794解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!