このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000182174
提供館
(Library)
一宮市立図書館 (2310284)管理番号
(Control number)
0-1-20150327-1
事例作成日
(Creation date)
2015年03月31日登録日時
(Registration date)
2015年10月07日 14時08分更新日時
(Last update)
2015年11月13日 09時04分
質問
(Question)
点訳本作成中、読みが分からない地名があり、現在の一宮市であるようなので、調べて欲しい。
可児才蔵の出生地とされている「尾張葉栗郡楽典郷」の“楽典郷”はどのような読みなのか。
回答
(Answer)
“楽典郷”という地名は見当たらず。
回答プロセス
(Answering process)
可児才蔵について
『姓氏家系大辞典 第1巻』.太田亮/編.角川書店,1963年,R288/セ/1
p.1602の下段に才蔵の名と、出生が可児郡可児郷という記載あり。
『戦国時代人物事典』.歴史群像編集部/編.学研パブリッシング,2009年,R281.0/セン
p.167の「可児才蔵」の項目に“岐阜県可児郡出身”と記載あり。
『可児町史 史料編』.可児町/編.可児町,1978年,A291/252/1
『可児町史 通史編』.可児町/編.可児町,1980年,A291/252/2
p.213-p.214に「可児才蔵」の項目あり。出自に関して『可児大寺伝記』を出典としている。
“広島市尾長の才蔵寺の碑には、生国葉栗郡楽典郷とあるが”の「典」の横に“田カ”と記述あり。さらに、この地は戦の功によって与えられた所領地であり、それを生国としたものであろうとの記述あり。
『可児の武将と城館』.可児市教育委員会/編.可児市教育委員会,1985年,A291/448
p.13-p.14に出生については“可児大寺(現御嵩町願興寺)”と記載あり。出典は『可児大寺伝記』。ただし、“才蔵の生年と没年に疑問がある。”との記述あり。
『図説可児・加茂の歴史』.中島勝国/著.郷土出版社,1985年,A291/441
p.48に「可児才蔵」の項目あり。“才蔵の出自には諸説ある”と前置きし、『可児大寺伝記』に記載のある説を紹介している。
『御嵩町史 通史編 上』.御嵩町史編さん室/編.御嵩町,1992年,A291/424/3
p.234-p.235に「可児才蔵」の項目あり。御嵩の願興寺に残る「大寺記」の可児才蔵に関する内容の要約文の記載あり。原文も『御嵩町史 史料編』に所収あり。

地名について
『角川日本地名大辞典 21』.「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編.角川書店,1980年,R291/323/21
p.221に「がくでん 楽田〈大垣市〉」の項目あり。中世の頃、美濃国安八郡に「楽田郷」という郷があったと記載あり。
p.587の「葉栗郡」の項目に、尾張国葉栗郡から美濃国へ編入し「羽栗郡」と改めた土地があったと記載あり。
『角川日本地名大辞典 23』.「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編.角川書店,1989年,A200/58

『尾張国地名考』.津田正生/著.愛知県海部郡教育会,1916年,A240/3
『葉栗郡紀要』.愛知県葉栗郡役所,1921年,A272/1
『尾張志下』.深田正韶/編.歴史図書社,1969年,A240/76/2
『葉栗史誌』.葉栗史誌編さん委員会/編.葉栗史誌編さん委員会,1995年,A272/15
事前調査事項
(Preliminary research)
『わが槍を捧ぐ』.鈴木英治/著.角川春樹事務所,2015年,F/スス
p.33
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
20151113一般公開に変更
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000182174解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!