このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154365
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域229
事例作成日
(Creation date)
2012年02月29日登録日時
(Registration date)
2014年06月17日 11時20分更新日時
(Last update)
2014年06月17日 11時35分
質問
(Question)
夏井川を挟んで「いわき市平字鎌田町」と「いわき市平鎌田」という地名があるが、それぞれの由来や歴史などが知りたい。
回答
(Answer)
①「いわき市平字鎌田町」
 この場所は、江戸時代は磐前郡町分村といい、明治16年に町分村、北目村、長橋村、拾五町目村が合併して平町となりました。平字鎌田町は、平町字五反田といわれていた場所でしたが、「改正耕地整理法」により明治44年1月に平町字鎌田町と変更になりました。(『地名の変化にみる、いわきの近代化』P62)その後、昭和12年の平市合併で平市字鎌田町、昭和41年のいわき市合併でいわき市平字鎌田町となりました。なお現在では、いわき市平字鎌田町といわき市平鎌田町の2通りがあるが、これは平成10年の字名改称にあたり字境の変更があり、新しい区域には「字」が付されなかったからだそうです。

②「いわき市平鎌田」
 江戸時代は磐城郡鎌田村といい、明治22年4月施行の市制町村制(明治の大合併)で、鎌田村を含む6村合併で神谷村となりました。その後、神谷村は昭和25年4月に平市に合併し平市神谷村へ。昭和41年10月のいわき市合併の際、明治の大合併の直前にあった村名をそのまま残すことになり、いわき市平鎌田になりました。(『地名の変化にみる、いわきの近代化』P51)
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
【資料①】『いわき市史 第9巻 近世資料』
 P267「3 領域」で江戸時代の地区割を確認。
【資料②】『旧高旧領取調帳 東北編』
 慶応期から明治4年頃の地区割を確認。(P21~)
【資料③】『地名の変化にみる、いわきの近代化』
 いわき地方における合併の変遷や、地名の変遷について詳細な記述あり。
[参照ページ]
・P10地図1-2-2「いわき地方における明治の大合併直前の行政区分」
・P14地図1-2-4「いわき地方における明治の大合併直後の行政区分」
・P37図1-4-1「いわき地方における合併の変遷」
・P51「(2)いわき市合併に伴う各地区の地名表記【平支所管内】」
・P61地図2-1-3「平町(明治22年に成立)を構成する旧村」
・P62表2-1-1「旧町分村~耕地整理事業に伴う字名改称」
・P65 L23~24
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『いわき市史 第9巻 近世資料』[K/210.1-1/イ・1110038575]
【資料②】『旧高旧領取調帳 東北編』[K/210.5-0/キ・1111962310]
【資料③】『地名の変化にみる、いわきの近代化』[K/291/チ・1111966469]
キーワード
(Keywords)
いわき 地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000154365解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!