このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219124
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域510
事例作成日
(Creation date)
2017年07月15日登録日時
(Registration date)
2017年07月21日 14時45分更新日時
(Last update)
2017年07月21日 15時18分
質問
(Question)
いわき市田人町旅人、いわき市三和町下三坂の字名について。
①明治6年に、出旅人村と入旅人村が合併して旅人村になったが、次の字はそれぞれどちらに属していたか?
「熊ノ倉、上平石、下平石、道伝、道ノ後」
②明治15年に、下三坂上村と下三坂下村が合併して下三坂村になったが、次の字はそれぞれどちらに属していたか?
「仲居、小風呂内、明戸、石会、永久保、入合」
回答
(Answer)
①旅人村について
 『旧石城郡田人村小史』(中村忠夫 たびとふるさと教室 2007)に、それぞれの地区の旧字地図(P65、87)が掲載されており、これによると次のとおりです。

・熊ノ倉(出旅人)
・上平石(出旅人)
・下平石(出旅人)
・道伝(出旅人)
・道ノ後(荷路夫)

※道ノ後については、出旅人、入旅人の旧字地図にはなく、田人地区の荷路夫(にちぶ)村の旧字地(P132)に含まれていました。

②下三坂村について
 所蔵資料では確認できませんでした。
 そこで、いわき市役所三和支所へ照会したところ、地元の方の話では、地区にある稲荷神社をひとつの境として下三坂上村と下三坂下村に分けていた、という情報を頂きました。これによると次のとおりです。

・仲居(下三坂上村)
・小風呂内(下三坂上村)
・明戸(下三坂上村)
・石会(下三坂上村)
・永久保(下三坂上村)
・入合(場所によって下三坂上村、下村どちらもあるそうです)
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
 上記資料のほか、『日本歴史地名大系7 福島県の地名』、『角川日本地名大辞典7 福島県』の「旅人村」、「下三坂村」の項を確認するが、字についての記述なし。

 また、以下の資料も調査したが記述はなかった。
 ・『地名の変化にみる、いわきの近代化』(K/291/チ)
 ・『いわき市の合併と都市機能の変遷』(K/318.2/イ)
 ・『石城郡町村史』(K/210.1-1/モ)
 ・『郷土誌 三阪小学校』(K/210.1-1/キ)
 ・『三和町まちづくり基本構想』(K/318.6/ミ)
 ・各学校誌 など

2.三和支所へ照会
 地元区長などから聞き取りして頂き、回答のとおり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『旧石城郡田人村小史』[K/210.1-1/ナ・1111947931]
【資料②】『町名・字名一覧表 平成19年4月1日』[K/291/イ-2007・1111947634]
キーワード
(Keywords)
いわき 地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
いわき市役所三和支所
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219124解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!