このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000200011
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域471
事例作成日
(Creation date)
2016年09月20日登録日時
(Registration date)
2016年11月18日 11時50分更新日時
(Last update)
2016年11月18日 11時50分
質問
(Question)
いわき市平の「大工町(だいくまち)」の地名由来と、いつ頃から大工町といわれているのか知りたい。
昔、大工が多く住んでいたことから大工町という名前になった、という話を聞いたがそれは本当か?
回答
(Answer)
大工町の地名由来については、次の資料に、大工が住んでいたことから大工町となった旨の記述がありました。
『ふるさといわき抄』(高木稲水 いわき春秋社 1978)
 P144「職人地名」に、「平のような城下町には、職業によって定まった地域があって、同じ職業の者がその町にすんでおった」とあり、大工町が紹介。
『地図からいわきの歴史を読む』(鈴木貞夫 2002)
 P105「31、平城の城下町」に、地名由来の記述あり。

時期については、次の資料を確認。
『いわき市史 第二巻 近世』によると、平城築城以前の平城周辺はほとんど田畑だったということと、
『福島県の地名 日本歴史地名大系7』(平凡社 1993)P141の1段目に、享保年間(1716-36)作製の平城古図(山崎家蔵)に大工町が確認できる旨の記述があることから、平城築城~1736年の間に大工町が形成されたと考えられます。

なお、『地名の変化にみる、いわきの近代化』(いわき総合図書館 いわき未来づくりセンター 2008)によると、宝暦11(1761)年にまとめられた「磐城枕友」(『福島県史料集成 第二輯』所収)にも大工町が載っていることが確認できました。

また、郷土史研究家の方に伺ったところ、大工町は平城築城に携わった大工が住んでいた町である、とご教授頂きました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『ふるさといわき抄』[K/291/タ・1110092994]
【資料②】『地図からいわきの歴史を読む』[K/210.0-1/ス・1111357826]
【資料③】『いわき市史 第二巻 近世』[K/210.1-1/イ・1110038583]
【資料④】『福島県の地名 日本歴史地名大系7』[K/291/ニ・1110093240]
【資料⑤】『地名の変化にみる、いわきの近代化』[K/291/チ・1111966469]
【資料⑥】『福島県史料集成 第二輯』[K/210.0-0/フ・1110036363]
キーワード
(Keywords)
大工町 だいくまち
地名由来
いわき 地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000200011解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!