このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230470
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20171000420
事例作成日
(Creation date)
2017/1/25登録日時
(Registration date)
2018年02月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年02月13日 00時30分
質問
(Question)
印旛沼べりの現在の成田市下方付近にかつてあった、鳥居河岸について書かれたものはあるか。
回答
(Answer)
『成田の史跡散歩』p.108に「鳥居河岸」の項目がある。水上交通が発達していた古代・中世に、台方の麻賀多神社に参詣するため鳥居河岸に船を着けた、と解説されている。『市民が語る成田の歴史[1]』の「一、印旛沼べりのくらしについて」内の、p.11-p.15の「河岸と渡船」の項目に鳥居河岸に関する記述がある。同書のp.3に「3.印旛沼べりの河岸と台方の見晴台の位置図」と題する地図があり、鳥居河岸の位置が記されている。『ふるさと 第2号』p.32-p.34に「鳥居河岸の話」と題する円城寺敏夫氏の一文が載っている。同書の折込地図「麻賀多神社絵図 安政8年巳亥(1779)」には、印旛沼の岸に鳥居が描かれている。『印旛沼開発史 第三部』の「下沼デルタ東部の干拓史」の節のp.176-p.178に、鳥居河岸に関する記述がある。『口訳利根川図誌 巻5』p.2-p.3の麻賀多神社の項目に、鳥居河岸に関する記述がある。『成田の歴史アルバム』p.68に「印旛沼下方の鳥居河岸(大正7年)」と題した写真が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
成田市の歴史および、印旛沼、水運、河岸関係の本を探した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
成田の史跡散歩,小倉博/著,2004.4, ISBN 4-8455-1103-7
市民が語る成田の歴史 1,成田市立図書館/編集,1998.3 (当館請求記号 L210/シミ/N)
ふるさと 第2号,成田市文化財保護協会公津支部/編集,1982.4 (当館請求記号 L210/フル/N)
印旛沼開発史 第3部,栗原東洋/著,1980 (当館請求記号 L451.72/イン/110)
利根川図志 口訳 巻5,赤松宗旦/著,1978 (当館請求記号 L451.72/イン/110)
成田の歴史アルバム 明治・大正・昭和,市長公室広報広聴課/編集,1988.3 (当館請求記号 L210/ナリ/N)
キーワード
(Keywords)
鳥居河岸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
地域(成田)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000230470解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!