このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000237633
提供館
(Library)
富田林市立中央図書館 (2310215)管理番号
(Control number)
tonda-chuou03
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年06月27日 12時24分更新日時
(Last update)
2018年06月30日 17時01分
質問
(Question)
金剛山(こんごうさん)をここぜと表現することがあるが、語源はなにか。
回答
(Answer)
今より約1300年ほど前、当時葛城山(かつらぎさん)と呼ばれた山で修業をした役行者は、頂上に金剛山転法輪寺(こんごうさんてんぽうりんじ)を創建した。やがて、金剛山転法輪寺の山号・金剛山は、親しみを込めて「ここぜ」「こんごせ」と呼ばれるようになり、これが現在の山名・金剛山の由来になったという説がある。
回答プロセス
(Answering process)
・館内蔵書検索システムで「書名:金剛山」を検索する。

・検索した中より、歴史についての記述があるものを調べる。
 
・『ひとり歩きの金剛山』(ISBN:4635170535)p250に該当の記述があり、提供した。
 
・『金剛山 葛城・生駒・紀泉の山々 登山・ハイキング案内』(ISBN:4635022552)にも、金剛山の名前の由来は、金剛山転法輪寺の山号であるとされるという記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『ひとり歩きの金剛山』 藤田健次郎∥著,山と渓谷社(1991年), ISBN 4635170535 (p250)
『金剛山 葛城・生駒・紀泉の山々 登山・ハイキング案内』山と溪谷社(2004), ISBN 4635022552 (p121)
キーワード
(Keywords)
金剛山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000237633解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!