このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000174635
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢吾妻-2015-002
事例作成日
(Creation date)
2014/08/06登録日時
(Registration date)
2015年05月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年05月20日 12時53分
質問
(Question)
土器の写真ができるだけ見たい。装飾が多いほうがいい。
回答
(Answer)
下記の資料に写真の掲載があります。
 〇『縄文人のくらし』 3 楠本政助/監修 学研 1994年
 〇『全国訪ねてみたい古代遺跡100』 岡村道雄/監修 成美堂出版 2000年
 〇『調べ学習日本の歴史』 1 ポプラ社 2000年
 〇『人物・遺産でさぐる日本の歴史』 1 古川清行/著 小峰書店 1998年
 〇『発掘された日本列島 2006』 文化庁/編 朝日新聞社 2006年
 〇『日本考古学用語辞典』 斎藤忠/著 学生社 2004年
回答プロセス
(Answering process)
1、所蔵資料を検索
 〇『縄文人のくらし』 3 楠本政助/監修 学研 1994年
  表紙に火焔土器のカラー写真あり。p.7-9「土器の移り変わり」時代ごとに土器の写真記載。
 〇『全国訪ねてみたい古代遺跡100』 岡村道雄/監修 成美堂出版 2000年
  p.136 p.154 p161 p231 などに小さい写真あり。古墳ごとに紹介されている。
 〇『調べ学習日本の歴史』 1 ポプラ社 2000年
  p.29 「縄文土器の変化」年代によっての土器の違いが写真と文章で記載。
 〇『人物・遺産でさぐる日本の歴史』 1 古川清行/著 小峰書店 1998年
  巻頭にカラーページあり。「火焔型土器」記載。
 〇『発掘された日本列島 2006』 文化庁/編 朝日新聞社 2006年
  p18-p23写真多い。各地の古墳ごとにいわれなど詳しく記載。
 △『石器・土器・装飾品を探る』 平尾良光/編 国土社 1998年
  p.7写真小さいものしかない。
 △『縄文土器の知識』 1 東京美術 2000年
  イラストでの記載。文様についての研究など。
 △『日本の歴史博物館・史跡』 2 佐藤和彦/監修 あかね書房 1999年
  埴輪の記載は多いが、土器は少ない。
  
2.後日調査による追加資料
 〇『日本考古学用語辞典』 斎藤忠/著 学生社 2004年
  p74 「【火焔土器】 縄文土器の中期の形式名。新潟県地方の馬方式土器の系統に属するものであるが、深鉢円筒形のもので、口縁部に上に向く火焔上の一種の突起がある。ここに小三角形のぎざぎざの突起が派出し、あたかも火焔のもえ上がるような状態を示す。新潟県長岡市付近から長野県の一部に多い。」と記述あり。火焔土器の写真あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
縄文人のくらし 3 楠本政助/監修 学研 1994.3 210.25 4-05-200211-3
全国訪ねてみたい古代遺跡100 岡村道雄/監修 成美堂出版 2000.1 210.2 4-415-00882-8
調べ学習日本の歴史 1 ポプラ社 2000.4 210.08 4-591-06376-3
人物・遺産でさぐる日本の歴史 1 古川清行/著 小峰書店 1998.4 210.1 4-338-15101-3
発掘された日本列島 2006 文化庁/編 朝日新聞社 2006.6 210.025 4-02-250174-X
日本考古学用語辞典 斎藤忠/著 学生社 2004.9 210.025 4-311-75033-1
キーワード
(Keywords)
土器
縄文土器
火焔土器
縄文時代
古代遺跡
道具
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
図・絵・写真
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000174635解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!