このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20120608-2
事例作成日
(Creation date)
2012年06月08日登録日時
(Registration date)
2019年02月01日 18時22分更新日時
(Last update)
2019年02月01日 18時22分
質問
(Question)
華岡青洲が麻酔に使った薬草の名前は何かわかる資料はないか?
回答
(Answer)
華岡青洲が麻酔に使った薬草はマンゲラケ(チョウセンアサガオ)との記載があります。
華岡青洲は、江戸後期全身麻酔薬「通仙散」を開発して外科領域に導入。その研究過程で妻加恵が失明する事故にみまわれたが、文化1年(1804年)10月13日日本で初めて麻酔下で乳がん摘出術を実施しました。
2019.1追加調査 『江戸時代の医学』に、マンダラゲ(チョウセンアサガオ)のほか、草烏頭(そううず、トリカブト)を主成分とするとの記載あり。

(参考文献・掲載内容)※2019.1追記
『華岡青洲の妻』青洲と妻加恵を題材にした小説です。
『朝日日本歴史人物事典』P1332に記載があります。
『江戸時代の医学 名医たちの三〇〇年』p200-203 2 日本外科医の発達 麻酔外科の開拓者-花岡青洲 として記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281)
小説.物語  (913)
参考資料
(Reference materials)
『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994.11 4-02-340052-1
『華岡青洲の妻 新装版』有吉 佐和子/著 新潮社 2004.8 4-10-301117-3
『江戸時代の医学 名医たちの三〇〇年』青木 歳幸/著 吉川弘文館 2012.6 978-4-642-08077-4
キーワード
(Keywords)
華岡青洲(はなおかせいしゅう)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000250986解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!