このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20180701-02
事例作成日
(Creation date)
2018年07月01日登録日時
(Registration date)
2018年12月20日 14時03分更新日時
(Last update)
2018年12月20日 14時03分
質問
(Question)
渡辺新左衛門について書かれた本が読みたい。
回答
(Answer)
『国史大辞典15中 索引 人名』(吉川弘文館 1996)から、『国史大辞典10』(1989)p.694-696「名古屋藩」の項に、大政奉還後の青松葉事件で斬罪された「老臣年寄格の渡辺新左衛門」と  記載があることがわかる。
『幕末維新大人名事典 下巻』(安岡昭男/編 新人物往来社 2010)で確認すると、p.697に「渡辺新左衛門」の項があり、斬罪に至る経緯の概要を知ることができる。
また、『図説愛知県の歴史』(林英夫/責任編集 河出書房新社 1987)p.214-222には、「明治維新と青松葉事件」の章があり、渡辺新左衛門についても記述がある。
その中に「『尾張徳川家明治維新内紛秘史考説』(1971年刊)が刊行され、ようやく事件の輪郭をつかむことができるようになった。」とあり、『尾張徳川家明治維新内紛秘史考説 青松葉事件資料集成』(水谷盛光/著 [水谷盛光] 1971)は、千葉県中央図書館所蔵。

国立国会図書館デジタルコレクション(インターネット公開)には、『名古屋史談』(庵原小金吾/著 東壁堂 1893)があり、p.46-47に「渡邊新左衛門」の記載がある。
同コレクションの図書館送信参加館内公開で閲覧可能な資料には、『実説名古屋城青松葉事件 尾張徳川家お家騒動』(水谷盛光/著 名古屋城振興協会 1981)がある。

また、小説では、『冬の派閥』(城山三郎/著 新潮社 1982)が、「青松葉事件」を題材にしており、『葵の残葉』(奥山景布子/著 文藝春秋 2017)は、第5章が「青松葉」である。ほかに、『夜明け前 第2部 上』(島崎藤村/作 岩波書店 1979)にも、p.125に「年寄渡辺新左衛門」の記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000248841解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!