このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
一宮市立図書館 (2310284)管理番号
(Control number)
0-1-20160805-1
事例作成日
(Creation date)
2016年08月26日登録日時
(Registration date)
2018年11月17日 16時46分更新日時
(Last update)
2019年06月23日 09時17分
質問
(Question)
織田信長の子について知りたい。
①オツ殿(男子)と、②徳姫(女子)について。
埴原加賀守常安という者に預けられたことがあるらしい。
さらに③オツ殿の母と、④徳姫の娘について分かる資料があれば見たい。
回答
(Answer)
①乙殿(オツ殿・オト殿)は、信長とその侍女である「中条」との間に生まれた子であるとされる。
③中条は後に埴原加賀守常安の妻となり、乙殿は常安の猶子として育てられた。
以下の資料を紹介。

『信長の子』.『歴史読本』編集部/編.新人物往来社,2012,B288.3/ノフ
p213~214 「謎の隠し子乙(おと)殿」の項
『角川日本姓氏歴史人物大辞典 23』.角川書店,1991,A280/23
p.832 「埴原」の項に常安の妻の記載あり。「信長の侍女であった美濃の岩井丹波守の娘を妻とし…」とある。
『「武功夜話」のすべて』.滝 喜義/著.新人物往来社,1992,A204/19
p.64~ 「信長の隠し子を育てた埴原加賀守常安」の章


②徳姫は織田信長の長女で母は生駒氏。徳川信康の妻となった人物である。
④娘は2人。名は長女が福子、次女が国子。
以下の資料を紹介。

『信長の子』.『歴史読本』編集部/編.新人物往来社,2012,B288.3/ノフ
p124~139 「徳姫 徳川信康室」の項
p129 「天正4年同5年と続けて子供をもうけている……生んだ子供がともに女子」。さらに、
p137 「天正17年8月、徳姫の長女福が松本城主小笠原秀政に嫁いだ」
    「翌々19年には次女久仁が、本田忠勝の摘男忠政へ嫁いだ」とある。

また、岡崎市立中央図書館のレファレンス事例
「徳川信康の室、徳姫についての資料はないか。特に離縁後、京都などで過ごした晩年のことがわかるとよい。」
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000102167 )を参考に以下の資料を紹介。

『古文書研究 第13号』.日本古文書学会/編集.日本古文書学会,1979,202/52/13
p62~72 「岡崎殿-徳川信康室織田氏-」の章
五徳(童名「おごとく」)について。徳川竹千代(のちの信康)に嫁入り、岡崎殿と敬称されていた。
『新編岡崎市史 2』.新編岡崎市史編集委員会/編.新編岡崎市史編さん委員会,1989,A233/29/2
p.937~ 徳姫と信康の仲について
p.952~p.953 娘の名前あり。
回答プロセス
(Answering process)
以下、提供した資料以外に確認を行ったもの。
『消された後継者』.典厩 五郎/著.世界文化社,1994,289.1/テ
記載なし
『姓氏家系大辞典 第2巻』.太田 亮/編.角川書店,1963,R288/セ/2
p.3932 ④小笠原秀政室、本田忠政室とあり
『織田信長家臣人名辞典』.谷口 克広/著.吉川弘文館,1995,281/タ
p.302 埴原常安の項
『信長年代記』.増原 驍/著.叢文社,2012,289.1/マス
記載なし
『織田信長総合事典』.岡田 正人/編.雄山閣出版,1999,289.1/オ
p.171~172 ②④信長息女(松平信康室)の項
『日本女性人名辞典』.芳賀 登/監修.日本図書センター,1993,281/ニ
p.737 ②徳姫の項
『江南市史 資料4』.江南市史編纂委員会/編.江南市,1983,A271/35/4
p.83 埴原常安について
『「信長伝説」の真実』.武田 鏡村/著.講談社,1995,289.1/タ
p.80 ①乙殿 ②五徳 ③中条の名は出てくるが詳しい記載は無し。
事前調査事項
(Preliminary research)
『徳川・松平一族の事典』.工藤 寛正/編.東京堂出版,2009,R288.3/クト
質問者が事前に閲覧済み。
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
レファレンス協同データベース 岡崎市立中央図書館 レファレンス事例
「徳川信康の室、徳姫についての資料はないか。特に離縁後、京都などで過ごした晩年のことがわかるとよい。」
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000102167 (参照 2018.11.17)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000246002解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!