このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166032
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000019381
事例作成日
(Creation date)
2014/12/21登録日時
(Registration date)
2015年01月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年01月29日 09時13分
質問
(Question)
平成12年に倒産したと思われる「阿蘇観光ホテル」について、倒産時の社長・役員等の名前を知りたい。九州産業交通株式会社の子会社だったように思う。特に、最後の社長が宮崎という方かどうかを調べている。
阿蘇観光ホテルは、昭和30年代は天皇も宿泊したということなので、昭和期の同ホテルの写真が載っている本があれば、それも併せて教えてほしい。
回答
(Answer)
官報等によると、阿蘇観光ホテルは平成11年12月21日の臨時株主総会決議により解散、代表清算人氏名は岡村末義。当市所蔵資料では、『陛下の旅 背広とカンカン帽の昭和史』などに阿蘇観光ホテルの小さい写真があり。

また大阪府立図書館より、同館の所蔵資料で阿蘇観光ホテルの写真が掲載されているものをご教示いただき、当館への取り寄せが可能なことを利用者にお伝えした。
回答プロセス
(Answering process)
「官報情報検索サービス」で「阿蘇観光ホテル」を検索すると、平成12年(2000年)1月7日の解散公告(第1回)の記事等がヒット。阿蘇観光ホテル株式会社は、平成11年12月21日の臨時株主総会の決議により解散とあり。代表清算人氏名は岡村末義となっている。

『会社総鑑 未上場会社版 1999』下巻(日本経済新聞社)p6748で、1999年2月19日時点の阿蘇観光ホテル株式会社の会社情報を調べる。会長は岡陽一、社長は岡村末義。ほか常務1名・取締役2名・監査役員1名の名があり。
『ダイヤモンド会社職員録 店頭登録・非上場会社版 1999』下巻(ダイヤモンド社)には阿蘇観光ホテル株式会社は掲載がないが、p38-41「九州産業交通株式会社」によると、1999年3月31日時点の、同社代表取締役社長は岡陽一、航空・商事担当専務は岡村末義とのこと。

日経新聞記事データベース「日経テレコン」で「阿蘇観光ホテル」を調べると、1999年11月5日の記事「九州産交、3子会社を清算―200人解雇、本体も希望退職。」(日本経済新聞地方経済面 九州B)に、阿蘇観光ホテルは1939年開業で設備が古く宿泊客が減っていたこと、閉鎖は12月16日、12月21日に清算し売却先を探すことなどの記載があり。

また朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」では、1999年12月17日夕刊「『名門』も不況に勝てず(阿蘇湯遊) 【西部】」の記事があり。元記事には写真があったようだが、データベースには掲載なし。

国会図書館サーチ・GoogleBooksで「阿蘇観光ホテル」を検索し、また当館所蔵資料を「ホテル 昭和」「熊本 写真」「昭和天皇」等のキーワードで検索して、本を取り寄せ、内容を確認したところ、『陛下の旅 背広とカンカン帽の昭和史』(廣済堂出版)p173の年表の下部に、阿蘇観光ホテルの小さい白黒の写真があり。

Cinii Articles で「阿蘇観光」を調べると、「阿蘇観光ホテルと国際リゾート地開発」 http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/7748  および「国際観光ホテル・阿蘇観光(昭和14年)に関する考察」 http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/detail/774120140319100106  (いずれも常翔学園・広島国際大学機関リポジトリ)の論文PDFに、白黒の小さい写真があり。『陛下の旅』の写真とは異なるもの。
また大阪府立図書館より借用した『近代日本の国際リゾート』(青弓社)p251に、上記論文の写真と同じものと思われる白黒の写真があり。
同館に調査協力をお願いし、『全国観光情報ファイル10九州』(日本観光協会観光情報センター推進本部)、『20年のあゆみ:産交』(九州産業交通)、『産交30年史』(九州産業交通)にも写真の掲載があることをご教示いただいた。

なお、下記の資料には、阿蘇観光ホテルの写真はなかった。
『昭和の貌 《あの頃》を撮る』(弦書房)
『熊本県の歴史』(山川出版社)
『火と神々の棲む山 阿蘇・宇宙』(熊本日日新聞社)
『日本のホテル産業史』(近代文芸社)p320に阿蘇観光ホテル建設時のデータあり
<下記は豊中市未所蔵、大阪府立図書館から借用して内容確認>
『日本のホテル産業100年史』(明石書店)p313-314に阿蘇観光ホテルの簡単な歴史はあり
『熊本県 新風土記』(岩波書店)
『モダニズムのニッポン』(角川書店)
『熊本の近代化遺産 下 県北・県南・天草』(弦書房)
『戦後観光開発史』(技法堂出版)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『会社総鑑 1999 下巻』(日本経済新聞社)
『陛下の旅』(広済堂出版) (p173)
キーワード
(Keywords)
阿蘇観光ホテル(アソカンコウホテル)
清算(セイサン)
会社(カイシャ)
熊本県(クマモトケン)
観光(カンコウ)
旅館業(リョカンギョウ)
歴史(レキシ)
ビジネス(ビジネス)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
大阪府立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000166032解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!