このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢所分-2018-011
事例作成日
(Creation date)
2017/10/31登録日時
(Registration date)
2019年03月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月09日 10時10分
質問
(Question)
イノシシについて知りたい。できれば牙について載っている本がほしい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります
 〇『世界大百科事典 2』 平凡社 2007年
 〇『日本動物大百科 2』 平凡社 1996年
 〇『動物』 学研教育出版 2010年
 〇『これから始める人のためのわな猟の教科書』 東雲輝之/著 日和佐憲厳/監修 秀和システム 2018年
 〇『動物の事典』 東京堂出版 1980年
 〇『イノシシは転ばない』 福井栄一/著 技報堂出版 2006年
 〇『畑をあらすイノシシやサル』 三浦慎悟/監修  金の星社 2012年
 〇『シリーズ鳥獣害を考える 2』 江口祐輔/監修  農山漁村文化協会 2011年
 〇『世界動物百科 4』 朝日新聞社事典編集室/編集 朝日新聞社 1975年
 〇『河合雅雄の動物記 5』 草山万兎/作 フレーベル館 2007年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『世界大百科事典 2』 平凡社 2007年
   p.507-508「イノシシ」の項目に「雄の犬歯は上下顎ともよく発達し、終生のび続ける鋭いきばになっている」との記載あり。
 〇『日本動物大百科 2』 平凡社 1996年
   p.118-121「イノシシ」の項目に「犬歯の発達した牙がある」との記載あり。
 〇『動物』 学研教育出版 2010年
   p.78「イノシシ・カバのなかま」の項目に種別の写真と説明あり。
   「モリイノシシ」「イボイノシシ」「バビルーサ」の三種については牙が写真で確認でき、牙についての説明あり。   
   
2.後日調査事項
 〇『これから始める人のためのわな猟の教科書』 東雲輝之/著 日和佐憲厳/監修 秀和システム 2018年
   p.280-281「ターゲットを知ろう 1.イノシシ」の項目に注意事項としてオスのイノシシの牙について記載あり。
 〇『動物の事典』 東京堂出版 1980年
   p.32-33「イノシシ」の項目に牙についての記載あり。
 〇『イノシシは転ばない』 福井栄一/著 技報堂出版 2006年
   p.46「第2節 ニホンイノシシのからだと生態 2.オスもメスも牙を持つ」の項目に「(イノシシのオスの)下顎の犬歯が発達し、大きな牙となって、口外に突き出している。生後1年半くらいで、外から目視出来るほどの長さになる。牙は、長いものでは約十五センチにもなり、摩耗しても終生伸び続ける。(中略)上顎の犬歯も発達している。そして、この上顎の犬歯と常に擦れ合う格好で、下あごの牙が後方へ湾曲するように伸びている。このため、牙は放っておいても自然に研ぎ澄まされることになり、これで襲われた敵のダメージは、深刻である。(後略)」との記載あり。 
 〇『畑をあらすイノシシやサル』 三浦慎悟/監修  金の星社 2012年
   p.9「イノシシの体の特徴」の項目に「きば」の項目あり。
   「きばは犬歯が発達したもの。オスは後ろに曲がったきばが~」との記載あり。
 〇『シリーズ鳥獣害を考える 2』 江口祐輔/監修  農山漁村文化協会 2011年
   p.8-9「イノシシってどんな動物?」の項目に「きば」についての項目があり、「オスにはきばがはえる。うしろに向かって曲がっていて身を守るときにつかう」との記載あり。
 〇『世界動物百科 4』 朝日新聞社事典編集室/編集 朝日新聞社 1975年
   p.57-1~3「イノシシ亜目」の項目あり。
   「つのをもたないかわりに、上あごと下あごの犬歯が発達し、鋭い牙になっている。とくに雄の犬歯の発達は著しく、イノシシ類では半月刀のように口の外に突き出ている。」との記載あり。
 〇『河合雅雄の動物記 5』 草山万兎/作 フレーベル館 2007年
   p.92-93牙についての記載あり。
 △『イノシシの勇者フォーミィ』 アーネスト・T.シートン/文・絵 童心社 2010年
   p.5「まっ白な牙は短かったものの、とがって、ぴかぴかひかり~」との記載あり。
   p.205-206「Qフォーミィが口からあわをふくのは、どうして?」の項目あり。
   「レイザーバック(イノシシ)の犬歯は上下とも、鋭くとがる大きな牙になっています」との記載あり。イノシシではなくレイザーバック(野生化して、祖先のイノシシの特徴を取り戻したブタ)について書かれている。本文中に「レイザーバック(イノシシ)」との表記あり。
   
3.イノシシの生態などはあるが、牙に関する詳しい記載が見当たらなかった資料
 △『イノシシを獲る』 小寺祐二/編著 農山漁村文化協会 2011年 
 △『はじめての狩猟マニュアル』 かのよしのり/[著] コスミック出版 2015年
 △『野生動物管理のための狩猟学』 梶光一/編 他 朝倉書店 2013年
 △『猪・鹿・狸』 早川孝太郎/[著] KADOKAWA 2017年
 △『これから始める人のための狩猟の教科書』 東雲輝之/著 2016年
 △『猪変』 中国新聞取材班/編 本の雑誌社 2015年
 △『これからはじめる狩猟入門』 原田祐介/監修 ナツメ社 2018年
 △『猟師が教えるシカ・イノシシ利用大全』 田中康弘/著 農山漁村文化協会 2015年
 △『イノシシから田畑を守る』 江口祐輔/著 農山漁村文化協会 2003年
 △『世界動物大図鑑』 デイヴィッド・バーニー/総編集、日高敏隆/日本語版総監修、高木しらね/[ほか]訳 ネコ・パブリッシング 2004年
  
4.生物としての「イノシシ」については詳しい記載が見当たらなかった資料
 ×『猟師が教えるシカ・イノシシ利用大全』 田中康弘/著 農山漁村文化協会 2015年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
哺乳類  (489 9版)
動物学  (480 9版)
動物地理.動物誌  (482 9版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 2 平凡社 2007.9 031
日本動物大百科 2 日高敏隆/監修 平凡社 1996.3 482.1 4-582-54552-1
動物 学研教育出版 2010.11 489.038 978-4-05-203333-9
これから始める人のためのわな猟の教科書 東雲輝之/著 秀和システム 2018.7 659 978-4-7980-5383-7
動物の事典 東京堂出版 1980 480.33 4-490-10009-4
イノシシは転ばない 福井栄一/著 技報堂出版 2006.12 489.83 4-7655-4235-1
畑をあらすイノシシやサル 三浦慎悟/監修 金の星社 2012.3 615.86 978-4-323-06163-4
シリーズ鳥獣害を考える 2 農山漁村文化協会 2011.1 615.86 978-4-540-10260-8
世界動物百科 4 朝日新聞社事典編集室/編集 朝日新聞社 1975 480.8
河合雅雄の動物記 5 草山万兎/作 フレーベル館 2007.4 913.6 978-4-577-03390-6
キーワード
(Keywords)
イノシシ
動物
哺乳類
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000252745解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!