このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢富岡-2020-004
事例作成日
(Creation date)
2019/09/27登録日時
(Registration date)
2020年08月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月04日 17時35分
質問
(Question)
「さいこう」という人物について書かれている資料を探している。「頼山陽」に所縁があるとのこと。曖昧だが「えだ さいこう」という名前だと思われる。
回答
(Answer)
お調べの人物は「江馬細香(えま さいこう)」です。
江戸後期の詩人で、画家としても知られています。頼山陽に師事して詩文を学んだと言われています。
 
以下の資料に記載があります。
 〇『コンサイス日本人名事典』 三省堂編修所/編 三省堂 2009年
 〇『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994年
 〇『新潮日本人名辞典』 新潮社辞典編集部/編集 新潮社 1991年
 〇『江馬細香来簡集』 江馬文書研究会/編 思文閣出版 1988年
 〇『詩集日本漢詩 第15巻』 富士川英郎/[ほか]編 汲古書院 1989年
 〇『天下太平に生きる』 杉浦明平/著 筑摩書房 1984年
 〇『誰も知らない江戸の奇才』 河合敦/著 三栄 2019年
 〇『江戸後期の詩人たち』 富士川英郎/著 平凡社 2012年
 〇『頼山陽とその時代 上』 中村真一郎/著 筑摩書房 2017年
回答プロセス
(Answering process)
1.市内所蔵資料の内容を確認する
 〇『コンサイス日本人名事典』 三省堂編修所/編 三省堂 2009年
  「えだ さいこう」の記載はないが、「えま さいこう 江馬細香」との項目がp.219にあり。
  「幕末・維新期の女流画家」
  「名 裊(じょう)、多保、別号を湘夢・箕山」
  「幼くして詩や書画を学ぶ」
  「詩は頼山陽につき」
  頼山陽との関わりがあるため、質問内容は「えだ さいこう」ではなく「えま さいこう」だと思われる。
 
 〇『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994年
  p.264 「江馬 細香 えま・さいこう」の項目があり、以下の記載あり
  「江戸後期の画家、詩人」
  「名は多保、裊(じょう)、字は細香、号は湘夢」
  「文化10(1813)年、27歳の折、頼山陽が美濃に遊歴し、大垣江馬家を訪問。これを機に細香は山陽に入門(以下略)」
 
 〇『新潮日本人名辞典』 新潮社辞典編集部/編集 新潮社 1991年
  p.297 「えま さいこう 江馬細香」の項目があり、以下の記載あり
  「江戸後期の漢詩人、画家」
  「名は多保また裊(たお)、号は湘夢(しょうむ)。細香は字(あざな)」
  「文化一〇年(一八一三)遊歴中の頼山陽と出会い、以後師事して詩文を学ぶ」
 
 〇『江馬細香来簡集』 江馬文書研究会/編 思文閣出版 1988年
  p.24-86 「(二)山陽と頼家の人々」の項目あり
  p.29 注記「(1)頼山陽」の項目あり
  「文化十(一八一三)年山陽は美濃大垣に江馬蘭斎を訪ね、以後蘭斎の娘細香を門人とした。山陽は後日彼女に求婚したが父の一存で断られたといわれている。」との記載あり
 
 〇『詩集日本漢詩 第15巻』 富士川英郎/[ほか]編 汲古書院 1989年
  p.3-30 「解題」の中に
  p.9-12 『湘夢遺稿』の項目あり
  「江戸末期の閨秀詩人。名を多保(多越とも)、また梟(じょう)・嫋(じょう)・猗々。字を細香、緑玉といった。はじめ箕山またのちに湘夢(しょうむ)と号した。」等の記載あり
  p.143-178 『湘夢遺稿』(江馬細香/著)を収録
 
 〇『天下太平に生きる』 杉浦明平/著 筑摩書房 1984年
  p.27-46 「江馬細香」の項目あり
 
2.追加調査事項
 〇『誰も知らない江戸の奇才』 河合敦/著 三栄 2019年
  p.212-233 「江馬細香」の項目あり
  p.234-235 「主な参考文献」の項目あり
 
 〇『江戸後期の詩人たち』 富士川英郎/著 平凡社 2012年
  p.274-276 「江馬細香」についての記載あり
  「大垣藩医であった江馬蘭斎の長女として生まれた細香女史(一七八七-一八六一)は名を裊(たお)、字を緑玉といい、頼山陽に詩文を学んだほか、中村竹洞に絵を習い、兼ねて書もよくしたという」等の記載あり
 
 〇『頼山陽とその時代 上』 中村真一郎/著 筑摩書房 2017年
  p.116-132 「江馬細香」についての記載あり
 
 △『頼山陽とその時代 下』 中村真一郎/著 筑摩書房 2017年
  p.647 「人名索引」の「江馬細香」の項目あり
  頼山陽のほか、他の人物についての記載の中で名前が散見されるが、「江馬細香」自身についての詳しい記載は見当たらない
 
 小説であるが、巻末に参考文献があるもの
 △『江馬細香』 門玲子/著 卯辰山文庫 1979年
 △『細香日記』 南条範夫/[著] 講談社 1986年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 9版)
漢詩文.日本漢文学  (919 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
コンサイス日本人名事典 三省堂編修所/編 三省堂 2009.1 281.033 978-4-385-15801-3
朝日日本歴史人物事典 朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994.11 281.033 4-02-340052-1
新潮日本人名辞典 新潮社辞典編集部/編集 新潮社 1991.3 281.033 4-10-730210-5
江馬細香来簡集 江馬文書研究会/編 思文閣出版 1988.6 490.21 4-7842-0508-X
詩集日本漢詩 第15巻 富士川英郎/[ほか]編 汲古書院 1989.12 919.08
天下太平に生きる 杉浦明平/著 筑摩書房 1984.11 210.5
誰も知らない江戸の奇才 河合敦/著 三栄 2019.11 281.04 978-4-7796-4043-8
江戸後期の詩人たち 富士川英郎/著 平凡社 2012.1 919.5 978-4-582-80816-2
頼山陽とその時代 上 中村真一郎/著 筑摩書房 2017.3 919.5 978-4-480-09778-1
キーワード
(Keywords)
江馬細香
頼山陽
湘夢
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000285255解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!