このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
中野区立中央図書館 (2310165)管理番号
(Control number)
中野0785
事例作成日
(Creation date)
2016年04月29日登録日時
(Registration date)
2017年02月14日 13時36分更新日時
(Last update)
2020年07月28日 11時22分
質問
(Question)
満洲、牡丹江(ムータンチャン)の近くに「ラコ日本人強制収容所」があったらしい。
その場所と詳しいことがわかる資料がほしい。
回答
(Answer)
ラコは拉古と表記されていた。位置は、牡丹江と海林の中間辺り。
終戦後の日本人集結地の一つで、日本が使っていた兵舎等を使った。

【資料1】『満洲・朝鮮復刻時刻表』日本鉄道旅行地図帳編集部/編,新潮社,2009年(686.5/マ)
「満洲支那汽車時刻表」
【資料2】『シベリア抑留全史』長勢了治/著,原書房,2013年(210.7/ナ)
回答プロセス
(Answering process)
・「ラコ 満洲」で検索したところ、PDFで公開されている『大地を拓いた女たち 満洲開拓から近代農業に行き着いて』石原八重子/著より、「ラコ」=「拉古」である事がわかる。
http://ooyasima.jp/pdf/kaitakuwohiraitaonnnatachi.pdf

・【資料2】p.78「集結地」 停戦後、武装解除をし、指定の集結地に移動したとあり。p.81に集結地のリストあり。その中に「拉古」もあり。

・【資料1】「満洲支那汽車時刻表」巻頭の路線図に「拉古」表記あり。「牡丹江」と「海林(ハイリン)」の間。

・平和祈念展示資料館HP上で公開されている、「労苦体験手記」「シベリア強制抑留者が語り継ぐ労苦(抑留編)」第11巻の中にある、坂井文介さんという方が書かれた「シベリア抑留記」によると、拉古は日本軍の病馬廠があった場所で、広い草原の上にあった兵舎が、日本軍の捕虜収容所として使われていたらしい。
http://www.heiwakinen.jp/library/shiryokan/yokuryu11.html

・アジア歴史資料センター
https://www.jacar.go.jp/
「拉古 収容所」で検索。6件ヒット。

・アジ歴グロッサリー
「拉古」でヒットなし。
https://www.jacar.go.jp/glossary/


[最終アクセス:2016年4月29日]
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686)
日本史  (210)
地理.地誌.紀行  (290)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本人強制収容所
満州
牡丹江
ムータンチャン
ラコ
拉古
ソ連
シベリア抑留
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000209783解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!