このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
中野区立中央図書館 (2310165)管理番号
(Control number)
中野0703
事例作成日
(Creation date)
2016年05月11日登録日時
(Registration date)
2017年01月31日 15時07分更新日時
(Last update)
2020年07月27日 12時29分
質問
(Question)
幕末の刀鍛冶師の仕事着、また鍛冶場の設備について、わかりやすく図解、もしくは再現された写真資料はないか。
鍛冶道具についても何か資料があると良い。
回答
(Answer)
所蔵資料で、幕末の鍛冶場の様子と特定できた資料はありませんでした。
江戸時代の鍛冶場の様子であるが、「幕末かどうか不明」な資料と、「幕末ではない」資料は所蔵がありますのでご紹介します。
作業風景の絵が中心ですので、仕事着や鍛冶道具についてもご確認いただけます。
また、現代の刀剣に関する資料の中で、参考になりそうな資料も記載いたします。
尚、ペリーが来航した1853年以降を幕末と定義して調査しています。


1.江戸時代
(1)幕末かどうか不明な資料
【資料1】『江戸職人図脩聚』三谷一馬/著,中公文庫,2001年 (384.3/ミ)
  p.363-「刀鍛冶師」 江戸後期の挿絵あり。
【資料2】『地図で読み解く江戸・東京』江戸風土研究会/編著,津川康雄/監修,2015年(213.6/チ・本町図書館・野方図書館所蔵)
  p.91 「鍛冶」の絵あり。
【資料3】『ビジュアル・ワイド江戸時代館 第2版』小学館,2013(R210.5/ビ)<禁帯出>
  p.286 「鍛冶屋」の絵あり。
  p.458 「刀工」の絵あり。
【資料4】『鍛冶道具考』吉川金次/著,平凡社,1991年(566.2/ヨ)
  p.55- 葛飾北斎(1760-1849)が描いた『庭訓往来』他、中世~明治中期頃の製鉄の様子の挿絵あり。

(2)幕末ではない資料
【資料5】『ヴィジュアル史料日本職人史 第2巻 職人の世紀(上)』遠藤元男/著,雄山閣出版,1991年(502.1/エ/2)
  p.16- 17~19世紀頃の刀鍛冶の絵がまとめられている。
【資料6】『江戸商売図絵』三谷一馬/著,立風書房,1986年 (R210.5/ミ)
  p.186-「刀鍛冶」 天保7年の挿絵あり。
【資料7】『日本庶民生活史料集成 第30巻』谷川健一/編,三一書房,1982年(382.1/ニ/30)
  p.250 鍬形蕙斎(1764-1824)/画『近世職人尽絵詞』に、江戸後期の「刀鍛冶」の絵あり。

2.現代
【資料8】『作刀の伝統技法』鈴木卓夫/著,理工学社,1994年(756.6/ス・野方図書館所蔵)
  全体を通じて、作刀の流れを写真付きで解説。
  p.3-8「3.鍛冶道具」に、現在使われている道具を写真つきで解説。
【資料9】『刀剣』小笠原信夫/著,保育社,1985年(756.6/オ)
  p.142-145 幕末期の鍛冶師の流れが確認できるが、文章のみ。
  p.92- 刀剣製作過程の写真あり。

3.浅井歴史民俗資料館について
【資料10】『堂々日本史 第一巻』NHK取材班/編,KTC中央出版,1996年(210.04/ド/1・閉架)
  p.63に草野鍛冶について少し記載あり。
  戦国時代には、農耕具をメインに製作し、戦の際には武器を作成するという集団で、村も形成されていた。明治まで鍛冶村は機能していたとあり、江戸時代も含まれるが、場所は近江。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382)
金工芸  (756)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
刀鍛冶
刀剣
鍛冶師
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000208434解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!