このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域318
事例作成日
(Creation date)
2015年05月20日登録日時
(Registration date)
2015年05月20日 15時41分更新日時
(Last update)
2015年06月11日 16時06分
質問
(Question)
須釜城の所在地は現在のどこにあたるのか
回答
(Answer)
「須釜」が「大寺」と同じであることから、「姓氏家系大辞典 第二集」で「大寺」の項に、「常陸、磐城に須釜邑…大寺 下総、岩代、羽前、阿波等に此の地名あり 1清和源氏石川氏流  岩城國石川郡大寺邑より起る。其の居城大寺城は、白川風土記に「又霧ヶ城とも称す」と記してあった。城は須釜村に在り、石川有光の嫡男藤田太郎光祐此に築き、三蘆城の支城となし、しばらく居城す。」とあり、須釜城は大寺城と同じと見なして良いと思われます。
Web検索(大寺城)で、城郭放浪記のサイトがヒットし、陸奥・大寺城:山城(406m/65m) 土塁,郭 福島県石川郡玉川村大字南須釜字館坂 と所在地が掲載されていました。
回答プロセス
(Answering process)
須釜沢に埋葬された、須釜次郎左衛門の系譜を調べる過程で、須釜氏が大寺氏と同じであることがわかった。
「姓氏家系大辞典 第二集」3028p 前條と通ず。常陸、磐城に須釜邑、信濃に菅間あり。内、磐城白河郡(石川郡)須釜邑には、奥州一宮と称する須釜八幡宮、鎮座す。この氏はこの地より起こりしにて、清和源氏石川氏の族なり。大寺氏と云うに同じ。オホテラ條を見よ。」とあった。
「姓氏家系大辞典 第一集」p1226 
大寺 下総、岩代、羽前、阿波等に此の地名あり
1清和源氏石川氏流
 岩城國石川郡大寺邑より起る。其の居城大寺城は、白川風土記に「又霧ヶ城とも称す」と。城は須釜村に在り、石川有光の嫡男藤田太郎光祐此に築き、三蘆城の支城となし、しばらく居城す。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
太田 亮/編 , 太田‖亮. 姓氏家系大辞典 第2巻. 角川書店, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000024481-00 , ISBN 4040302206
太田 亮/編 , 太田‖亮. 姓氏家系大辞典 第1巻. 角川書店, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000024480-00 , ISBN 4040302109
キーワード
(Keywords)
須釜城
須釜邑
須釜氏
大寺城
大寺氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
城郭放浪記(福島のお城): http://www.hb.pei.jp/shiro/fukushima/
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000174725解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!