このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-14-017
事例作成日
(Creation date)
2014年09月10日登録日時
(Registration date)
2014年09月07日 10時47分更新日時
(Last update)
2014年11月29日 10時55分
質問
(Question)
長野市で発行されていた「種子」という雑誌がみたいが所蔵があるか。
吉野弘の「夕焼け」という詩の初出誌らしい。
回答
(Answer)
長野市狐池の小熊忠二方が発行所となった『種子』という詩誌のことのようです。
1958年創刊、1960年「種」と改題して5号として再出発。1965年12月に16号を出して終刊。

当館の開館が1985年ということもあり、当館には所蔵はありませんでした。
また、国立国会図書館サーチや、県内の図書館をWEB-OPACで検索してみましたが、『種子』という雑誌の所蔵館を見つけることができませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
『中部の戦後詩誌』p152に『種子』の掲載あり。
質問者の事前調査の通り、
「3号(発行年月、詩誌に未掲載)にはそのほか大島栄三郎、中村紀代士、柿村うた子、山口さつき、山岸節子、井上栄志乃が詩を載せ、後に多くの人たちに親しまれる吉野弘の「夕焼け」も載っている。」
とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
『吉野弘全詩集 増補新版』青土社 2014 p882
「夕焼け」という詩の初出誌ということで記載あり。
【夕焼け…『種子』(長野市)3号(推定、'58年、但し刊行月不詳)に発表したものを若干改めて収録。】
NDC
詩歌  (911)
参考資料
(Reference materials)
『中部の戦後詩誌 1945年12月~2006年5月』中日詩人会 2006.11 <N910チ> (p152)
キーワード
(Keywords)
吉野弘
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査 所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000159543解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!