このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
559
事例作成日
(Creation date)
2014年08月19日登録日時
(Registration date)
2016年12月22日 19時13分更新日時
(Last update)
2020年11月04日 13時08分
質問
(Question)
直木賞を受賞した、トンネルに関係するタイトルの作品を教えてほしい。
受賞したのは2000年以降だったと思う。
回答
(Answer)
「切羽へ」(井上荒野、新潮社)。第139回(平成20年上半期)直木賞受賞作。
「切羽」は本文で「トンネルを掘っていくいちばん先」という説明がある。
回答プロセス
(Answering process)
『最新文学賞事典』(日外アソシエーツ株式会社/編集、日外アソシエーツ)の各巻(1999-2003、2004-2008、2009-2013)より、直木三十五賞の受賞者と作品名を確認。作品の詳細までは掲載されていなかった。
                  ↓
2000年以降の受賞作は40以上もあり、検索範囲が広すぎるため、タイトルから意味がすぐに連想できないものを絞り込む。→『最新文学賞事典 2004-2008』p.116の「切羽(きりは)へ」(井上荒野、新潮社、第139回[平成20年上半期]直木賞受賞)ではないかと推測。
                  ↓
・「切羽へ」を図書館システムで検索。『切羽へ』(井上荒野/著、新潮社)の内容紹介を見る限りではトンネルに関係していない。
・現物を確認。p.195に「母は、切羽まで歩いていくとたい、と自慢したと」「切羽?」「トンネルを掘っていくいちばん先を、切羽と言うとよ」とあり、タイトルはここから付けられているようである。
・『世界大百科事典 7 改訂新版 キセーキン』(平凡社)で確認。p.515「切羽(きりは)」の項目に「古くから使われている鉱山用語の一つ。採掘作業の行われている場所を指す。岩石、鉱石の〈切り場〉からきているものと考えられる」とあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 10版)
日本文学  (910 10版)
参考資料
(Reference materials)
切羽へ
最新文学賞事典 2004-2008
世界大百科事典 7 改訂新版 キセーキン
キーワード
(Keywords)
切羽へ
井上 荒野
直木三十五賞
トンネル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
うろ覚え・覚え違い
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000204463解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!