このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001568
事例作成日
(Creation date)
2020/02/26登録日時
(Registration date)
2020年02月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月02日 18時04分
質問
(Question)
名物裂(めいぶつぎれ)について書いてあるか、写真などが載っている資料はないか。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介しました。
 
・『茶道具の世界 14』池田井巌ほか 編/淡交社/2000
・『すぐわかる茶の湯の裂地』長崎巌 監修/東京美術/2007
・『裂地の楽しみ』岩崎博 指導他/世界文化社/2002
・『文様の四季』木村孝 著/茶道之研究社/1997
・『裏千家茶道教科 教養編 10』淡交社/1980
・『茶の袋物』大沢和子 著/淡交社/1997
・『小堀遠州』平凡社/2009
回答プロセス
(Answering process)
1.図書館Opacフリーワード検索“名物裂”
 →5件ヒット
 
・『茶道具の世界 14』池田井巌ほか 編/淡交社/2000【791.5/サ/14】
・『すぐわかる茶の湯の裂地』長崎巌 監修/東京美術/2007【791.5/ス】
・『裂地の楽しみ』岩崎博 指導他/世界文化社/2002【791/オ/10】
・『文様の四季』木村孝 著/茶道之研究社/1997【753/キ】
 
2.7番(791)の棚をブラウジングして、裂地について記載されているものや写真を探す。
 
・『裏千家茶道教科 教養編 10』淡交社/1980【791/SH28/10】
・『茶の袋物』大沢和子 著/淡交社/1997【791.5/オ】
・『小堀遠州』平凡社/2009【791.2/コ】
 
 
以上、調査終了。
事前調査事項
(Preliminary research)
「名物裂」
古く、中国などから伝来した織物で、安土桃山時代から江戸初期に茶道で、名物の袋や表装などに用いられ、珍重されたもの。金襴(きんらん)、緞子(どんす)、間道(かんとう)などの種類があり、伝来の時期によって、極古渡り、古渡(こわた)り、中渡り、後渡り、近渡り、新渡りなどに分類される。
"めいぶつ‐ぎれ【名物切・名物裂】", 日本国語大辞典, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-02-27)
NDC
茶道  (791)
染織工芸  (753)
参考資料
(Reference materials)
茶道具の世界 14 池田巌/[ほか]編集委員 淡交社 2000.12 791.5, ISBN 4-473-01714-1
すぐわかる茶の湯の裂地 長崎巌/監修 東京美術 2007.2 791.5, ISBN 978-4-8087-0795-8
裂地の楽しみ 岩崎博/指導 世界文化社 2002.5 791.5, ISBN 4-418-02303-8
文様の四季 木村孝/著 茶道之研究社 1997.10 753, ISBN 4-88507-032-5
裏千家茶道教科 教養編 10 淡交社 1980 791
茶の袋物 大沢和子/著 淡交社 1997.9 791.5, ISBN 4-473-01528-9
小堀遠州 平凡社 2009.8 791.2, ISBN 978-4-582-92160-1
キーワード
(Keywords)
名物裂
袋物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000274707解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!