このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻565
事例作成日
(Creation date)
2020年11月30日登録日時
(Registration date)
2020年12月01日 15時51分更新日時
(Last update)
2020年12月28日 21時36分
質問
(Question)
松本市仲町の商店ちきりやの丸山源内が塩尻市勝弦の人々を救済し、昭和2年頃に記念碑が建てられたと聞いた。その記念碑がどのようなもので、どこにあるかを知りたい。
回答
(Answer)
昭和2年5月に塩尻市北小野に頌徳碑「丸山源内翁碑」が建てられた。【資料1】【資料2】
石碑は「(当時の)松本市長、小里頼永題額、浅井冽撰書」とある。
【資料3】によると「所隆志宅の前に元松本市古里頼永市長によって建立されたと思われる頌徳碑」とある。
丸山源内の功績は【資料3】に詳しい記述がある。
大正三年に青木沢奥地が丸山源内ほか八名で数十町歩が開墾され、溜め池が造られた。
「二年の歳月をかけ一乃理想郷をつくった。」と書かれているが、
利用者がおっしゃる「クリスチャンだったか否か」は、塩尻市誌や地区誌の歴史・宗教関連を調べても記述がなかった。

【資料4~6】には地名として「ちきりや」が載っているのみ。
回答プロセス
(Answering process)
1)「記念石碑がある」ということだったので、塩尻市内の石碑について調べた。【資料1】【資料2】
2)並行して、地元の歴史を『地区誌』と『塩尻市誌』、『東筑摩郡・松本市・塩尻市誌』で調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
「丸山源内はクリスチャンで貧しい人たちのために家を建てて救済した」と思う、とのことだった。
NDC
中部地方  (215)
石彫  (714)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】長野県教育委員会『長野県石碑目録 石碑所在調査報告書』長野県文化財保護協会 1990. NDC:215 (p.276「筑摩地村」の項目に「4 丸山源内翁碑 [所在地]勝弦ちきりや [大きさ]高さ237cm・幅153cm [内容](和文)小里頼永額 浅井洌撰書 [建設年月]昭和2年5月」と掲載。)
【資料2】『塩尻市の石造文化財総目録 (石造文化財調査報告書(その5))』塩尻市教育委員会 1988. NDC:714.0 (p.203 勝弦区の57の石造文化財の54番として「種類:頌徳碑、所在地:勝弦 ちきりや、大きさ:縦237cm・横153cm、記銘文・特長:丸山源内翁碑 松本市長小里頼永題額 浅井洌撰文並書」と記載。)
【資料3】勝弦区誌編纂委員会『勝弦区誌』勝弦区 2002. NDC:215.2 (p.125 第三章 産業・経済「大正三年には青木沢奥地が松本市の丸山源内ほか八名により数十町歩が開墾され・・・(略)・・・チキリヤと名付けられた。」とある。
p.128 第三章 産業・経済「また、大正三年には、青木沢奥地が松本市の丸山源内ほか八名により開拓され・・・(略)・・・チキリヤ溜池と名付けた。」とある。
p.149 第三章 産業・経済「また、大正三年には松本市の丸山源内ほか八名により、青木沢奥地(後のチキリヤ)の開拓が行われ、十余町歩の畑地が作られ桑畑となった。」「因にチキリヤ地区の開拓について、所隆志宅の前に元松本市古里頼永市長によって建立されたと思われる頌徳碑があり
“當滕屋農園は松本市仲町丸山源内が筑摩地村有□の不毛の地を譲受けて、大正三年十月起工。管理者を柿沢茂市に任ねた。二年の歳月をかけ一乃理想郷をつくった。移住者を募り、住舎を八号舎造った。”
と刻まれている。滕の字は一字でちきりと読み、機織りの時に使う経糸を巻き取る木製の道具のこと。チキリヤとは当時、松本市市議会議員であった丸山源内の生家紙問屋の屋号であり、これをもって開拓地の地名としたと、言い伝えている。なお、林檎は赤砂のものを移植したとのことである」と載っている。
p.196 第四章 公共土木事業 に「チキリヤ溜池」という項目がある。
p.340 第八章 年表「1914年(大正3年)10月 松本の丸山源内、勝弦チキリヤ一帯を購入し・・・(略)・・・チキリヤ溜池を築造する。」とある。

他は地名として「チキリヤ」が出てくるのみ。p.166, 171, 179, 188, 274, 315, 346。)
【資料4】塩尻市誌編纂委員会『塩尻市誌 別冊、塩尻市の年表 集落の歴史・索引』塩尻市 1995. NDC:215.2 (p.602 集落の歴史 「3 年表」に「1914年 大正3年 松本の丸山源内、勝弦チキリヤ一帯を購入、原野を開墾しチキリヤ溜池を築造」とある。)
【資料5】塩尻市誌編纂委員会『塩尻市誌 第3巻、近代・現代』塩尻市 1992. NDC:215 (2ヵ所、溜池の名前として「チキリヤ」が出てくる。(p.547とp.553の表))
【資料6】北小野地区誌編纂会『北小野地区誌』北小野地区誌編纂会 1987. NDC:215.2 (1ヵ所、p.445に溜池の名前として「チキリヤ溜池」が出てくる。)
キーワード
(Keywords)
丸山源内
ちきりや
溜め池
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000290009解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!