このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000207062
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域480
事例作成日
(Creation date)
2016年12月27日登録日時
(Registration date)
2017年01月20日 19時22分更新日時
(Last update)
2017年01月20日 20時26分
質問
(Question)
いわき駅が現在の場所に建設された歴史的経緯や地形、利用者数について知りたい。
回答
(Answer)
歴史や経緯、地形については、次の資料を案内。

◆『いわきの「地霊」② 近代化のなかで、他機能へ転用された城跡』(おやけこういち 2015)
 平(現いわき)駅が設置された場所について、P15に記述がある。これによると、いわき駅の場所は平城本丸下の崖下に廻されていた内堀跡で、湿地に転用されていた場所であること、鉄道会社にとっては人家もなく水田化されていて、買収に容易であったこと、などがわかる。

◆『地図からいわきの歴史を読む』(鈴木貞夫 2002)
 P104-106に、いわき駅周辺の地形に関する記述あり。

◆『絵はがきの中の「いわき」』(いわき総合図書館 いわき未来づくりセンター2009)
 P22-25「②平駅および駅前」に記述あり。平駅の古い絵はがきも掲載されている。

◆『yanyan ステーションビルHISTORY』(いわき中央ステーションビル 2008)

利用者数については、『いわき市統計書 第46回(平成27年版)』P204に「109 旅客鉄道各駅の1日平均乗車人員」がある。
これによると、いわき駅の1日平均乗車数は、平成24年度5,996人、平成25年度6,136人、平成26年度5,910人であった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (351 9版)
商業史.事情  (672 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『いわきの「地霊」② 近代化のなかで、他機能へ転用された城跡』[K/210.6-1/オ・1114427618]
【資料②】『地図からいわきの歴史を読む』[K/210.0-1/ス・1111357826]
【資料③】『絵はがきの中の「いわき」』[K/210.6-1/イ・1111982656]
【資料④】『yanyan ステーションビルHISTORY』[K/672/イ・1111964811]
【資料⑤】『いわき市統計書 第46回(平成27年版)』[K/351/イ・1114067729]
キーワード
(Keywords)
いわき駅
平駅
鉄道 いわき
yanyan ヤンヤン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000207062解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!