このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000255590
提供館
(Library)
下関市立図書館 (2300045)管理番号
(Control number)
中央ー2019050101
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2019年05月03日 17時28分更新日時
(Last update)
2019年09月22日 12時10分
質問
(Question)
観瀾亭(閣)の跡地に報済園が建てられたと思うが、観瀾亭(閣)がどこにあったのかについてわかる資料が知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介しました。
①『関の籠寅研修録 郷土物語』
②『郷土 第30集』
③『馬関覚え帳』
④『下関市街図 (明治32年版・大正8年)』
⑤『西日本住宅詳細図 下関市 1959年版』
回答プロセス
(Answering process)
国立国会図書館のデジタル資料より『七十八日遊記』(本文p7)に小門の観瀾亭と記載されていることが確認できた。
報済園の場所を確認。報済園は下関市伊崎町に昭和元年に建てられたことが判明。『下関の記念碑 旧市内編』(p23)
大正・明治の地図より観瀾亭がないか確認。明治三十二年版の地図に観瀾閣と記載あり。大正八年の地図には長保楼支店と記載あり。地図からはそれ以上確認ができず、地誌や郷土資料を確認。
『下関市史市制施工-終戦』(p246)で『馬関覚え帳』の引用の中に料亭等の記事があり、『馬関覚え帳』をあたる。p308~317の伊崎町の記述の中に観瀾閣についての記載あり。観瀾閣について、「今では造船所が買っているそうな」と記載あり。他、『関の籠寅研修録 郷土物語』(p18)長保楼小戸支店観瀾閣とあり、優雅な料亭と記載されている。写真つき。また、『郷土 第30集』(p72)にも観瀾閣の記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
レファレンスインタビューで利用者が調べていることは以下のとおり。
・観瀾亭は『七十八日遊記』の中に記載がある。
・すでに入手されていた地図に観瀾閣の記載があり、観瀾亭のことではないかと推測されていた。
・化粧品問屋、藤津良蔵が建てた別荘の報済園は観瀾亭(閣)の跡地にできたのではないかと推測されていた。
NDC
日本史  (210 8版)
商業史.事情  (672 8版)
参考資料
(Reference materials)
豊田行二∥著 . 『関の籠寅研修録 郷土物語』. 大隅道弘∥発行, 2016. p. p18写真つき (当館請求記号 S/28/ホ, 当館資料番号 1014524654)
下関郷土会/編. 郷土/30. 下関郷土会, 1984. p. p73 (当館請求記号 S/25/キ/30, 当館資料番号 1010933560)
原田磯夫∥著. 『馬関覚え帳』. 朝日新聞下関支局, 1954. p. p308~317 (当館請求記号 S/24/ハ, 当館資料番号 1010671525)
マツノ書店/編. 下関市街図 明治32年版 大正8年版. マツノ書店, 1977. (当館請求記号 S/29/マ/キミドリ6, 当館資料番号 1010938791)
キーワード
(Keywords)
料亭
伊崎町
明治時代
小門
下関
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000255590解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!