このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195584
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域443
事例作成日
(Creation date)
2016年08月03日登録日時
(Registration date)
2016年08月03日 17時24分更新日時
(Last update)
2016年08月03日 21時14分
質問
(Question)
昭和の初めごろ、現在のいわき市平字四町目「ウロコヨ」の辺りにあった銀行について調べています。銀行名は分かりません。何という銀行で、当時の写真などはありますか?
回答
(Answer)
『写真集 明治大正昭和 平』(斎藤伊知郎 国書刊行会 1980)の「地元本店銀行の崩壊」(P100~)を確認すると、P105に「磐城実業銀行」が写真入りで掲載されていました。解説には、「明治34年、いまの四町目ウロコヤのところにあった…」とあり、お探しの銀行はこちらの銀行と思われます。

『いわき市史 第4巻 近代Ⅱ』のP26「第18表 石城郡所在銀行」によれば、磐城実業銀行は平町四町目の本店が明治34年3月30日設立、植田支店が大正11年7月設立、開設日不詳だが湯本出張所があったことがわかります。

しかし、金融恐慌の影響で、いわき地方の銀行は軒並み破たんしてしまいます。
『いわき市史 第4巻 近代Ⅱ』のP31「第20表 浜通り地方地元銀行の破たんまたは消滅とその後」、『いわき市と七十七銀行』(七十七銀行 1989)のP76によると、磐城実業銀行は昭和7年8月13日に免許取消となり、商事会社に組織変更しているようです。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
上記資料のほかに、『いわき商業風土記』(斎藤伊知郎 1973)の「本店銀行葬送曲」(P201-210)にも、いわきの銀行についての記述と写真あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
金融.銀行.信託  (338 9版)
商業史.事情  (672 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『写真集 明治大正昭和 平』[K/210.1-6/タ・1111211353]
【資料②】『いわき市史 第4巻 近代Ⅱ』[K/210.1-1/イ・1110038534]
【資料③】『いわき市と七十七銀行』[K/338/シ・1110055546]
【資料④】『いわき商業風土記』[K/672/サ・1110084710]
キーワード
(Keywords)
いわき 銀行
平町 銀行
磐城実業銀行
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195584解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!