このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225489
提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000575
事例作成日
(Creation date)
2017/10/24登録日時
(Registration date)
2017年11月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年01月29日 00時30分
質問
(Question)
【かせきについて】  『金沢町名帳』(1195585450)P460、461他に「かせき」という職業が多数見られるが、どのような職業か。
回答
(Answer)
・『岩波日本史辞典』(112027556)P691「其日稼ぎ そのひかせぎ」の項目に「安定した職・収入がなく、日々の稼ぎによって生活を営む者。とくに江戸時代の都市下層民を指す。多くは裏店に居住した日用層。江戸後期に施行(せぎょう)の対象とされ、江戸では30万人を越えた。」と記載あり。

・『加賀藩における都市の研究』(11900126)P137に「このうち稼人は「かせにん」と通称される日稼人を指し、定職を持たず、武家・町人の需要に応じて屋根葺手伝・人足・土方等の日雇として賃金を得る低所得階層であった。」と記載あり。

・『城下町金沢 封建制下の都市計画と町人社会』(118412347)P82、93、94、102、290、296に細民を指す言葉として「稼人」「苧かせ人」「日稼人」「苧かせ」「稼人」「稼」の語句が見られる。
P108 二 町人の職業構造と居住地域 4職業構成-城下周辺地子町の場合-この地域の特色の節
「本岡氏がいう使役人夫階層というのは通称「かせぎにん」といわれる日傭の人々をふくむ細民を指すものである。彼らは定職を持たず、武家・町人の求めに応じて屋根葺の手伝いや、人足・土方など日銭によって生活する底辺階層であった。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000225489解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!