このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219826
提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000503
事例作成日
(Creation date)
2017/5/7登録日時
(Registration date)
2017年08月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年10月03日 00時30分
質問
(Question)
【セント・アイヴスについて】  イギリスのセント・アイブス(St.Ives)という町について書かれた本はないか。アートによるまちづくりを行っているらしい。
回答
(Answer)
『イギリス文化事典』(112542101)p.122「ニコルソンたちはコーンウォールのセント・アイヴスに住みつき、これが後に「セント・アイヴス派」(St Ives School)と呼ばれる画家たちを生みだす契機となった。コンストラクティヴィズム(Constructivism:構成主義)と呼ばれる彫刻を試みた、ロシア生まれのガボーもセント・アイヴズに住んだ芸術家の1人であった」
『イギリス文化事典』(113360140)p.581「日本で陶芸をひととおり学んだリーチは、今度はヨーロッパの陶芸を身につけるべく、1920年にイギリスに帰国した。そして、濱田庄司(1894-1978)や松林靏之助(1894-1932)といった日本人陶芸家の助けを得てコーンウォール州セント・アイヴスに窯を築き、以後そこを拠点として活動した」
『阿川弘之全集 第19巻』(112813124)p.323「セント・アイヴス紀行」「漁業と鉱業だけの町だつたセント・アイヴスが、絵かきや陶工たちの気に入られて芸術家コロニーの観を呈し始めるのは、二十世紀に入つてからのことださうだ」
その他、国立国会図書館サーチで見つかった資料に以下のものがある。
『東工大クロニクル №376』p.12-14「セントアイヴス、浜田庄司、アルフレッドウォリス、そしてケトルズヤード」 肥田野登/著
【URL】 http://www.cswc.titech.ac.jp/pdf/chronicle_no376_mar2003.pdf
『セント・アイヴス 東と西の架け橋』 世田谷美術館/編
『セント・アイヴス展 イギリスの芸術家コロニー』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000219826解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!