このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000084908
提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
新市図-01002
事例作成日
(Creation date)
2009.10.01登録日時
(Registration date)
2011年04月12日 02時03分更新日時
(Last update)
2011年04月12日 02時03分
質問
(Question)
「相続人の1人が遺産を管理していて,他の相続人に遺産を適切に分割しないで自分のものとした場合には,横領罪ではなく窃盗罪である」という内容の判例があったと思うが知りたい。
回答
(Answer)
Googleでの検索結果と『判例時報』平成21年9月1日号を参考に見ていただく。

その後,利用者より見つけたという連絡をもらう。
昭和25年(れ)第175号「窃盗,物価統制令違反被告事件」とのこと。
回答プロセス
(Answering process)
DB「レクシスネクシス」で判例検索。
次のようなキーワードで検索するが,該当する判例が見つからない。
・「遺産」&「相続」&「窃盗」
・「遺産」&「相続」&「横領」
・「遺産分割」&「窃盗」「横領」
・上記に「損害賠償」も組み合わせる

324,345の書架をブラウジングし,相続関係の事例が載っている本を調べるが,よい資料がない。

google(インターネット検索サイト)をキーワード検索。弁護士の法律相談のホームページで刑法244条により直系血族,配偶者,同居の親族間では窃盗・横領が免除とあり,刑法を確認する。また,DB「聞蔵Ⅱ」「MAGAZINE-PLUS」も検索する。「聞蔵Ⅱ」に後見人になった祖母の横領事件の記事があり,「レクシスネクシス」を「未成年後見人」&「横領」で検索すると判例があった。『判例時報』平成21年9月1日号に判例批評が掲載。親族相盗例についても記述している。参考に紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
租税  (345 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
判例
窃盗
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000084908解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!