このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-0021403
事例作成日
(Creation date)
2020年4月13日登録日時
(Registration date)
2020年09月02日 15時06分更新日時
(Last update)
2021年01月25日 16時35分
質問
(Question)
鎌倉時代前期の御家人・足立遠元(あだち・とおもと)及び娘(北条時政、もしくは時房の正室)について知りたい。
特に、足立遠元の屋敷跡に石碑、説明板があるかどうかや、屋敷跡の他に足立遠元、娘ゆかりの史跡、寺院、神社があるかどうかを知りたい。
足立遠元、娘に関連した図書、論文などがあれば、タイトル、発行元、発行年などを教えてほしい。
回答
(Answer)
足立遠元館跡についての資料8冊、足立遠元・足立神社についての資料7冊、足立遠元の娘についての資料4冊を紹介した。
足立遠元の娘に関する記述はいずれも詳細は分からず、また嫁ぎ先についても諸説あった。
回答プロセス
(Answering process)
(足立遠元館跡について)
・『中世武蔵人物列伝』埼玉県立歴史資料館/編 さきたま出版会 2006年
p70‐72「足立遠元」に足立遠元館跡についての説明あり。
・『埼玉ふるさと散歩 さいたま市』秋葉一男/編 青木義脩/編 さきたま出版会 2003年
p103‐112「殖田郷の浪漫を訪ねる」に関連記載あり。
・『埼玉ふるさと散歩 大宮市』サンケイリビング/編 さきたま出版会 1980年
p129‐136に、遠元館跡といわれる「あだちどの屋敷」と足立神社についての記述がある。
・『大宮市史 第2巻』大宮市役所 1971年
p373‐375に「足立遠元館跡」あり。
・『大宮のむかしといま』大宮市 1980年
p34‐37「足立氏」に足立館跡の記述と写真あり。
・『うえみず-私達のふるさと』「うえみず私達のふるさと」刊行委員会/編 植水郷土史研究会 1996年
p153‐155に「足立遠元館跡」の項目、p170‐171に「足立神社(飯田)」の項目あり。
・『大宮をあるく-Guide book-2』大宮市教育委員会/編集 [大宮市教育委員会] 1989年
p34‐50「古代殖田郷を訪ねて」に関連記載あり。
・『武蔵武士 下』成迫政則/著 まつやま書房 2004年
p265‐292「足立氏」にさいたま市の足立館跡についての記述がある。

(足立遠元、足立神社について)
・『埼玉人物事典』埼玉県教育委員会/編集 埼玉県 1998年
p20「足立遠元」の項には、半ページほど人物紹介あり。
・『武蔵武士』渡辺世祐/著 八代国治/著 有峰書店 1971年
p232~238「第13章 足立藤内右馬美允遠元」には、「世系」、「街賢門の奮闘」、「友愛の情」、「旧主に対する情誼」、「公文所寄人となる」、「尊重されたる宿老」、「子孫」の7項目について詳しい記述あり。子孫の項に娘についての記述はなし。屋敷跡についての記述もなし。
・『埼玉県人物誌』加藤三吾/著 歴史図書社 1976年
p55「足立藤内右馬允(うまのじょう)遠元」の簡単な説明あり。
・『埼玉県の歴史散歩』埼玉県高等学校社会科教育研究会歴史部会/編 山川出版社 2005年
p221に足立神社について記述あり。
・『ふるさと西区 水と緑と花の12景』西区区民会議/編 さいたま市西区役所コミュニティ課 2013年
p10「足立神社」あり。
・『武蔵の古社』菱沼勇/著 有峰書店新社 1981年
p325~332「足立神社」あり。
・『埼玉の神社 北足立 児玉 南埼玉』埼玉県神社庁神社調査団/編 埼玉県神社庁 1998年
p200~201「足立神社 大宮市飯田五四(飯田字観音前)」に足立神社の所在について記載あり。

(足立遠元の娘について)
・『大宮市史 第2巻』大宮市役所 1971年 
p235~243「足立氏」に「遠元の娘は北条時政に嫁しており、その子に時房、時直があり、北条氏の外戚ともなっている」とある。
・『畠山重忠公の血脈』宮之原研/著 サンケイ新聞データシステム(制作) 1988年
p287~288「重忠の夫人たち」に「重忠の妻のうち正室は、北条時政の娘(政子の妹に当たる)であったらしい。(中略)次に、重忠の夫人と言われている方は、足立遠元(剣術師範か)の娘である。」とある。
・『畠山重忠』貫達人/著 吉川弘文館 1987年
p175に「重忠の妻妾でわかっているのは、北条時政のむすめと安達遠元のむすめである。重忠と一緒に死んだ小二郎重秀は、その時に二十三歳で遠元のむすめが母であった」とある。
・『武蔵の武士団』安田元久/著 有隣堂 1984年
p92~104「足立氏の系譜と足立郡」の項目の中に「足立氏系図」があり、遠元の子として「女子(畠山重忠妻)」「女子(北条時房妻)」とある。ここでは、「時政」ではなく「時房」の妻となっている。
事前調査事項
(Preliminary research)
『日本歴史地名体系 11 埼玉県の地名』(平凡社)によると、さいたま市西区植田谷本に、足立遠元の屋敷跡といわれる場所がある。
NDC
関東地方  (213 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
足立 遠元
足立神社
さいたま市西区
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000286642解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!