このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2020-074
事例作成日
(Creation date)
2012年12月02日登録日時
(Registration date)
2020年07月18日 15時36分更新日時
(Last update)
2020年08月28日 13時14分
質問
(Question)
堺奉行の妻が書いた日記があったと思うが、それを読みたい。
回答
(Answer)
『日本女性人名辞典』のp.465に三枝斐子(さいぐさ あやこ)という人物が立項されており、旗本土屋廉直の妻とある。夫が堺奉行に任官、江戸から夫に従ったときの道中紀行に『旅の命毛』があり、堺に在任した二年間の日記『和泉日記』もあるとのこと。『国書総目録』補訂版(岩波書店 1989年)によると第1巻p.191の「和泉日記」→活字本はなし、第5巻p.570の「旅の命毛」→活字本『女流文学全集』 3に所収。堺市立中央図書館所蔵資料により『女流文学全集』 3のp.365-408に「旅の命毛」の掲載を確認→提供した。

(北図書館)
回答プロセス
(Answering process)
1.「堺奉行」「妻」でGoogle検索により、「土屋斐子「和泉日記」の魅力とは」(https//itasaka-yoko.com/論文・資料/近世紀行文紹介/土屋斐子「和泉日記」の魅力とは)というサイトがヒット、土屋斐子という人名を得た。
2.『日本女性人名総索引』(日本図書センター 2002年)P.468では「土屋斐子」を「三枝斐子」への送り項目としており、土屋斐子と三枝斐子が同一人物であることがわかる。
3.土屋廉直は『堺市史』第3巻p189の堺奉行在職表により、文化4年1月23日~同6年3月5日に在職した土屋紀伊守廉直であることがわかる。
4.『国書人名辞典』第2巻(岩波書店 1995年)のp.310にも項目あり。
5.『日本女性人名辞典』の三枝斐子の項の参考文献にあげられている『女流著作外題』において、p.465(和泉日記)、p.503(旅の命毛)、p.539(斐子)について解説あり。
6.「旅の命毛」所収の『女流文学全集』 3は「国立国会図書館デジタルコレクション」にもあり。
7.「旅の命毛」については、1906(明治36)年の写本が大阪府立中之島図書館に所蔵されていることを確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
日本女性人名辞典. 日本図書センター, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002260245-00 , ISBN 4820571281
女子學習院 [編] , 女子学習院. 女流著作解題. 女子学習院, 1939.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I002874448-00
古谷知新 編 , 古谷, 知新. 江戸時代女流文学全集 第3巻 増補新装版. 日本図書センター, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003645890-00 , ISBN 4820584804 (p.365-408)
キーワード
(Keywords)
堺奉行
三枝斐子
土屋斐子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000284773解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!