このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
0C18002730
事例作成日
(Creation date)
2015年02月27日登録日時
(Registration date)
2018年10月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月25日 00時30分
質問
(Question)
とんぼ玉の歴史や成り立ちが載っている本を探している
回答
(Answer)
資料によって、とんぼだま、トンボ玉、蜻蛉玉などと表記されていました。

商用データベース「JapanKnowlage」(デジタル大辞泉)の「とんぼだま」によると、「色ガラスを象眼したガラス製の丸玉。斑文がトンボの複眼に似ていることからいう。日本では古墳時代の玉の一種。」とあります。

『トンボ玉』(由水 常雄/著 平凡社, 2003.2)
p.6-7「はじめに」の項に「トンボ玉とは、色文様のついたガラスの玉で、紐を通す穴のあいた刺玉(穴あき玉)のことである。」とあります。
p.9-60「古代・中世のトンボ玉」
p.61-63「トンボ玉とは何か」
p.64-98「古代のトンボ玉」
p.98-104「中世のトンボ玉」
p.105-150「近世のトンボ玉」の項があります。

『きらめくビーズ : Contemporary Glass Beads by 30 Japanese Artists : とんぼ玉代表作家作品集 新装改訂新版』(里文出版/編 里文出版, 2008.8)
p.110-112「とんぼ玉-古代から現代へ」の項に、世界及び日本のとんぼ玉の写真があります。
p.113「とんぼ玉プロローグ」
p.114-121「古代中世のとんぼ珠」
p.122-129「十六世紀以降のとんぼ玉」の項があります。

『世界のとんぼ玉 改訂版』(谷一 尚/著 ; 工藤 吉郎/著 里文出版, 1998.4)
p.80-83「ガラスそしてとんぼ玉」の項にとんぼ玉の成り立ちについて記述があります。
p.84-93「古代~中世のとんぼ玉」の項があります。

『ガラス(「もの」と「ひと」シリーズ 4)』(柳田 博明/監修 フレーベル館, 1985.11)
p.4-5「砂と火から生まれたガラスと人のであい」の項に「「ガラスははじめ、そうしょく品として使われました。色のついたガラス玉やガラスぼうは、金や銀と同じく、大切にされていました。トンボの目のようなまるいもようのついた、緑や青のトンボ玉は、ガラス作りといっしょに、世界じゅうにひろまり、ヨーロッパはもちろん、遠く中国の古いいせきからも、たくさん見つかっています。」との記述があります。

『日本のガラス 改訂新版 (少年産業博物館 15)』(宮崎 雄一郎/著 ポプラ社, 1960.8)
p.29「3.日本のガラスのおいたち 一 ガラスの遺跡と渡来の道すじ」の項に、「中国は(中略)ガラスが、はじめてつかわれたのは、戦国時代(紀元前四○三~二二一年)の終わりごろで、この当時の遺跡から、ガラスのへきや、とんぼ玉(とんぼの目玉の形をしたガラス玉)がでています。」とあります。


『ガラスでつくる (シリーズ子どもとつくる 18)』(茜 有希/著 大月書店, 1987.9)
p.55-61「ガラス玉(トンボ玉)ネックレス」の項に、「(トンボ玉は)遠い昔、古代エジプトから、各時代、各地でつくられ続けてきて、魔性ともいうべき魅力を持ち、人びとの心を魅きつけてきました。」とあります。

『ガラスと文化 : その東西交流』(由水 常雄/著 日本放送出版協会, 1997.9)
最初の写真ページに、日本及び中国で出土したトンボ玉の写真があります。
p.55-82「第3章トンボ玉と青銅器」に、中国におけるトンボ玉の歴史が記載されています。
回答プロセス
(Answering process)
1.商用データベース「JapanKnowlage」(大辞泉)(2018.9.28確認)で“とんぼ玉”を検索し、資料1が見つかる。

2.当館所蔵資料を、タイトル“とんぼだま”で検索し、資料2、3、4を見つける。

3.当館所蔵資料を、件名“ガラス”ד歴史”で検索し、資料5を見つける。

4.ものごとの歴史をわかりやすく書いているのは児童書では、と推察し、当館所蔵資料の児童書を、件名“ガラス”×児童書で検索し、資料6、7を見つける。

5.当館所蔵資料を、フリーワード“とんぼ玉”ד歴史”×分類“75”×大人向けで検索し、資料8を見つける。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陶磁工芸  (751 9版)
セラミックス.窯業.珪酸塩化学工業  (573 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0010478353>  トンボ玉 由水 常雄/著 平凡社 2003.2 9784582625127 (資料2)
当館書誌ID <0011693840>  きらめくビーズ :新装改訂新版 -Contemporary Glass Beads by 30 Japanese Artists- 里文出版/編 里文出版 2008.8 978-4-89806-300-2 (資料3)
当館書誌ID <0000673110>  世界のとんぼ玉 :改訂版 谷一 尚/著 里文出版 1998.4 9784898060728 (資料4)
当館書誌ID <0070009750>  ガラス(「もの」と「ひと」シリーズ 4) 柳田 博明/監修 フレーベル館 1985.11 9784577011447 (資料5)
当館書誌ID <0080343712>  日本のガラス:改訂新版(少年産業博物館 15) 宮崎 雄一郎/著 ポプラ社 1960.8  (資料6)
当館書誌ID <0070017338>  ガラスでつくる(シリーズ子どもとつくる 18) 茜 有希/著 大月書店 1987.9 9784272611188 (資料7)
当館書誌ID <0000646554>  ガラスと文化 -その東西交流-(NHKライブラリー 59) 由水 常雄/著 日本放送出版協会 1997.9 9784140840597 (資料8)
商用データベース「JapanKnowledge」(デジタル大辞泉)  (2018.10.4確認)(資料1)
キーワード
(Keywords)
とんぼだま
とんぼ玉
トンボ玉
蜻蛉玉
ガラス
ビーズ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000243318解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!