このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山市立中央図書館 (2210024)管理番号
(Control number)
M08060511224804
事例作成日
(Creation date)
2008/06/05登録日時
(Registration date)
2008年10月23日 02時11分更新日時
(Last update)
2011年06月16日 02時00分
質問
(Question)
京橋の歴史について知りたい。
回答
(Answer)
城下町の東西をつなぐ旭川の京橋は、天正以前は少し川上にあり、「大橋」と呼ばれていました。宇喜多直家の時代に大橋のたもとに町ができ、「大橋町」と称しましたが、この町には京や大坂の品を扱う店が多かったため、まもなく町名を「京町」に改め、大橋も「京橋」とされました。宇喜多秀家の時代になると、龍の口山の南から半田山の南を抜けていた山陽道(西国街道)を、城下を通すようにつけかえました。京橋も文禄2年(1593)、中島を中継にして新しい山陽道を通すように架け替えられました。(このため元の京橋が「古京橋」となり、町名も「古京町」に改められました。)京橋の、江戸期の長さは68間(約124メートル)、幅は4間(約7.3メートル)でした。『国富家文庫』によると延宝元年(1673)から幕末までに6回かけ替えられたとのことです。近代のかけ替えの最初は明治18年(1885)です。4月に完成、23日に県令千坂高雅や岡山区長(現代の市長)手代木勝任らが渡り初め式を行いました。現在の京橋は大正6年(1917)のものです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
・「岡山市史」産業経済編 p201-203、p604 ・「岡山県大百科事典」上巻 p800 ・「岡山の交通」 p78-79
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008060511253924804
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000048299解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!