このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155619
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2014-001
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年07月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年12月09日 17時25分
質問
(Question)
南海七道駅前にある河口慧海の銅像について知りたい。銅像をつくった彫刻家の名前、銅像の建立年などを記した図書、論文を教えて欲しい。
また、慧海の銅像の傍らにヤギのような動物の銅像も建立されていると聞いたが、その動物の種類とその銅像に触れた図書、論文があれば教えて欲しい。
回答
(Answer)
①製作者と建立年について
・『日本の銅像』淡交社 2012年
 河口慧海の銅像も載っている。巻末に銅像解説があり、「[制作]田村勤 [設置]昭和58年(1983)」と記載されている。
・『堺ライオンズクラブ50周年記念誌』堺ライオンズクラブ 2008年
 1983年に「堺ライオンズクラブ25周年記念アクティビティ」として建立されたとの記述あり。

②河口慧海の傍らの動物について
河口慧海の銅像と別に動物の銅像があるのではなく、
七道駅前の銅像は荷物を載せた2頭の動物を連れている河口慧海の姿となっている。
・『堺ライオンズクラブ50周年記念誌』(同)
 「羊二頭に荷物を積んでネパール(ネパール入国の初めての日本人)を通り・・・」との記述あり。
・『世界を駆ける河口慧海』黄檗宗青年僧の会 2006年
  慧海像の写真が載っており、その下に「南海本線七道駅前。羊二頭をつれ、チベット高原を行く慧海。」との記述あり。
・『チベット旅行記』河口慧海/著
 「荷物は羊二疋に背負わして・・・」との記述あり。
以上から、河口慧海の傍らの動物は羊であると思われる。
回答プロセス
(Answering process)
①新刊資料に掲載されている郷土情報は郷土資料担当者が記録している。
その記録より『日本の銅像』を発見。
また、他の職員より河口慧海の銅像は堺ライオンズクラブによって建立されたとの情報をもらう。
堺ライオンズクラブの資料を検索。

②郷土資料の棚にあたって、河口慧海関連の資料をひとつひとつ確認。
『評伝 河口慧海』 奥山直司/著 中央公論新社
『遙かなるチベット 河口慧海の足跡を追って』 根深 誠/著 中央公論社
『河口慧海 日本最初のチベット入国者』 河口正/著 春秋社
『河口慧海』 青江 舜二郎/著 国土社
『河口慧海 人と旅と業績』 高山竜三/著 大明堂
『河口慧海 求道の冒険旅行家』 金子民雄/著 日本交通公社
『世界を駆ける河口慧海』 黄檗宗青年僧の会
など

『世界を駆ける河口慧海』に慧海像の記述があったため、
『チベット旅行記』(河口慧海/著)で事実確認。
『堺ライオンズクラブ50周年記念誌』の記述と合わせて回答。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
金属彫刻.鋳造  (715)
参考資料
(Reference materials)
金子治夫 著 , 金子, 治夫, 1941-. 日本の銅像. 淡交社, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023468022-00 , ISBN 9784473038098
[堺ライオンズクラブ 編] , 堺ライオンズクラブ. 堺ライオンズクラブ50周年記念誌. 堺ライオンズクラブ, 2008.
高山竜三 著 , 高山, 竜三. 世界を駆ける河口慧海. 黄檗宗青年僧の会, 2006.
河口慧海 著 , 河口, 慧海. チベット旅行記. 白水社, 1980.
キーワード
(Keywords)
河口慧海
銅像
大阪
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 社会人
登録番号
(Registration number)
1000155619解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!