このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2019-004
事例作成日
(Creation date)
2019年5月11日登録日時
(Registration date)
2019年05月11日 14時14分更新日時
(Last update)
2020年03月26日 14時37分
質問
(Question)
江戸・大坂・京都のことを「三都」と呼ぶようになったのはいつ頃か。また、誰が言い出したのか。
回答
(Answer)
『世界の大都市7 東京大阪』p.275~300の記述によると、誰が言い出したのかは定かではありませんが、呼び始めた時期は元禄前後(17世紀末から18世紀初頭)とあります。また当初日本語には「都市」という言葉はなく「三ヶ津」と呼ばれていました。
回答プロセス
(Answering process)
1. 開架の0門をブラウジングし、数え方や語源の辞典に当たりました。「三都」に関する記載はありましたが、語源や誰が言い出したかの記載はありませんでした。

2. インターネット上の情報を確認しました。Wikipedeiaの「三都」の記事から江戸時代が起源とあたりをつけました。いくつか関連のありそうな言葉をかけあわせて検索を繰り返し、『九桂草堂随筆』『三都』をキーワードにしてGooglebooksで検索したところ『世界の大都市7 東京大阪』がヒットしました。

3. 上記資料を確認し、提供しました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
Wikipedia『三都』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%83%BD 【最終確認:2019年5月11日】
大阪市立大学経済研究所 編 , 大阪市立大学経済研究所. 世界の大都市 7 (東京・大阪). 大阪市立大学経済研究所, 1990.p275~p300
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002058790-00 , ISBN 4130510479
キーワード
(Keywords)
三都
三ヶ津
江戸
大坂・大阪
京都
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000255952解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!