このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-南-20100007
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月27日 14時11分更新日時
(Last update)
2011年01月05日 14時37分
質問
(Question)
浦和南高校のサッカー部がかつて漫画のモデルになったそうだが、詳細を知りたい。
回答
(Answer)
浦和市立南高等学校(現 さいたま市立浦和南高等学校。所在地:南区辻)サッカー部は、昭和38年(1963年)の開校と同時に創部した。
早くも昭和41年(1966年)の関東高校選手権大会で習志野高校と同位優勝し、同年の大分国体では初出場ながら準優勝、その翌年の埼玉国体では優勝した。そして昭和44年(1969年)には、全国総合体育大会、長崎国体、全国高校選手権大会で優勝し、史上初の全国大会三冠を達成した。
この時の選手たちの活躍を題材とした漫画が、「週刊少年キング」に連載された「赤き血のイレブン」である(全5巻 梶原一騎/原作 園田光慶/画 廣済堂出版 1970-1971)。
ストーリーは、「新生高校サッカー部」が元全日本GKの監督のもと、新設校ながら初優勝を果たす、というもの。
主人公の玉井真吾のモデルは、当時、超高校級FWと言われた永井良和氏(元サッカー日本代表)である。
同校はこれ以降も、昭和54、55年度の全国高校選手権大会で二連覇を達成しており、永井氏の他にも斉藤和夫氏、水沼貴史氏などサッカー日本代表選手やJリーグ監督といったサッカー関係者を数多く輩出している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
球技  (783)
教育史.事情  (372)
関東地方  (213)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉サッカー100周年記念展示図録』 さいたま市立浦和博物館 p18
『創立三十周年記念誌』 浦和市立南高等学校 p44-45, p64-65
『浦和市史 通史編4 浦和市 p344, p649
『輝く埼玉サッカー75年の歩み』 埼玉県サッカー協会 p541-570
『マンガ聖地巡礼inサイタマ 文学vsマンガpart2』 さいたま文学館 p2
キーワード
(Keywords)
さいたま市南区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062446解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!