このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212564
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴‐2016-031
事例作成日
(Creation date)
2016年12月20日登録日時
(Registration date)
2017年03月24日 12時21分更新日時
(Last update)
2017年03月31日 14時19分
質問
(Question)
「密蔵院」の江戸時代以前の法統(歴代住持)が知りたい。
回答
(Answer)
「密蔵院」(天台宗、現春日井市熊野町)天台宗葉上流の伝法灌頂所で、中世から江戸時代に隆盛した古刹です。眼病の霊験で名高い馬嶋妙眼院も密蔵院の末寺でした。
当館では次のような資料に記述がありました。
「蜜蔵院」[寺院名表記ママ](久保田萬歩/編,春日井新聞社,1967)p19
「春日井市史 本文編」(春日井市史編纂委員会/編,1963)p626-629(解説を含む)
また、次の資料には天台宗史上における密蔵院と葉上流についての記述があります。
「比叡山と東海の至宝 天台美術の精華」(名古屋市博物館/編集,名古屋市博物館,2006)p13-14
回答プロセス
(Answering process)
当初守山区の寺院と伺いましたが、該当がありませんでした。現存寺院とのことでしたのでWEB検索したところ春日井市所在でした。いずれも江戸時代には尾張藩領で春日井郡に当たります。
春日井の地誌および愛知県内の天台宗史を調査し上の資料に行き当たりました。
なお、当館には密蔵院に関する次の古典籍も伝わっています。
「慈妙上人伝」(密蔵院旧蔵)(第18代秀憲/著,天文7(1538)写,自筆)
密蔵院大21代祐俊訪印の時代に、当時は藤嶋山賢乗院法主となっていた秀憲が著した開山・慈妙上人の一代記です。巻末に元禄9(1696)第35代智洞の識語が合綴されています。当館所蔵資料で最も古い部類に入ります。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
「蜜蔵院」[寺院名表記ママ](久保田萬歩/編,春日井新聞社,1967)
「春日井市史 本文編」(春日井市史編纂委員会/編,1963)
「比叡山と東海の至宝 天台美術の精華」(名古屋市博物館/編集,名古屋市博物館,2006)
「慈妙上人伝」(密蔵院旧蔵)(第18代秀憲/著,天文7(1538)写,自筆)
キーワード
(Keywords)
密蔵院
天台宗葉上流
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物 寺院
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000212564解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!