このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212555
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-001091
事例作成日
(Creation date)
2017年3月9日登録日時
(Registration date)
2017年03月24日 10時35分更新日時
(Last update)
2017年07月13日 14時06分
質問
(Question)
「諸寺院条目」を読みたい。
回答
(Answer)
以下の①~③の資料に記載があった。

①『日本歴史 2012年11月号』
p99~ いわゆる「宗門檀那請合之掟」と「諸寺院条目」 朴澤 直秀

②『近世仏教の制度と情報』朴澤直秀/著  吉川弘文館 2015年
第8章 いわゆる「諸寺院条目」

① と②は同じ著者によるもので、ほぼ同内容が掲載されている。
①の資料 p102 二「諸寺院条目」二系統のテクスト で、「諸寺院条目」には大きく二系統のテクストがあるとし、その二系統が〔資料1〕〔資料2〕として掲載されている。
〔資料1〕の註(6)に「国文学研究資料館所蔵、近江国蒲生郡鏡村玉尾家文書三〇二四『東照大権現御垂十五ヶ条厳有院様再御掟十三ヶ条写』に所載。」、
〔資料2〕の註(7)に「東京大学法学部法制史資料室標本甲二一二四九二『宗門檀那請合掟附御用留』に所載。」との記述がある。

③『苓北町史 史料編』苓北町史編さん委員会/編 苓北町 1985年 (国会図書館デジタルコレクション 参加館内公開)
第五節 諸寺院条目
回答プロセス
(Answering process)
『国書総目録 第4巻』 岩波書店 1966年 には記載なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
以前借りた「徳川禁令考」に掲載されていた。その記述と比較をしたい。
NDC
日本史  (210)
仏教史  (182)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000212555解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!