このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187843
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00959
事例作成日
(Creation date)
2015年4月27日登録日時
(Registration date)
2016年02月04日 13時40分更新日時
(Last update)
2016年02月24日 15時30分
質問
(Question)
『千利休とその妻たち 上巻』三浦 綾子/著 新潮社 1988年 p201に利休の娘「お亀(おちょう)」という人物が出てくるが、亀の字を「ちょう」と読むのか?
回答
(Answer)
漢字辞典や名前の読み方辞典等を確認したが、「ちょう」という読み方が載っているものは見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
●利休に関する資料を確認する。
『千利休とその周辺』杉本 捷雄/著 淡交社 1987年
p135~144 少庵内室のことども―亀女礼讃―
 p138 旧仮名遣いのこの法に従えば、もう一つの名前「おちょう」の本字は、「お長」と考えられるが、これは『茶道要録』その他を資料とする少庵内室の俗名お亀とは違った名で、ここにその点一つの疑問が残る。これをお亀の幼名ではないかという人もある。(略)利休は、天正十九年に間違いなく自身で、その遺書に「お亀に思置く」と書いているが、あるいは書き手の違う代筆者鳴海の場合とすれば、これに幼名「お長」を何気なく天正十二年に思い出すまま書いたとしても、あり得ないことではないように思われる。それから、考えようによっては、この「お長」や「お亀」も、元来こうした名前というものは、長命を願った親の念願を込めた名前と思われるもので、それには共通性もある。
との記述がある。

●漢字辞典を確認する。
『大漢和辞典 巻12』 諸橋 轍次/著 大修館書店 1990年
p1151 48847 亀
㊀キ ㊁キウ ク ㊂キン 名乗 カメ。アマ。ヒサ。

●名前の読み方に関する辞典を確認する。
『名前10万よみかた辞典』日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2002年
p67~68 亀き かめ すすむ ながし ひさし 等読み方が載っているが、「ちょう」という読み方なし。

『名乗辞典』荒木 良造/編 東京堂出版 1977年
p56 亀キ アマ、カメ、ヒサ、ススム、ナガシ、ヒサシ等読み方が載っているが、「ちょう」という読み方なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791)
系譜.家史.皇室  (288)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000187843解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!